初めての‘野菜豆’!
初めての‘野菜豆’!

DSC_2252-7-2.jpg
2015年09月14日の我が家の庭の‘野菜豆’?

ここ房総半島の中央部、千葉県茂原市へ引っ越してきてもう20年も経過した!

故郷は、かみさんも九州は福岡県である!
したがって、我が家は‘男女どうけん(同権≒同県?)’である・・・。

それはそれとして、東京に勤務していて、退職後は、いずれは‘Uターン’か‘Iターン’かを考えた場合、‘Uターン’は、‘Iターン’の後と思った。

‘Iターン’時には、まだ働けるし、自分のスキルを考えれば、東京近郊の場所を‘Iターン’場所として選んだ結果、数々の情報から、辿り着いたのが、現在の自宅、茂原市だったということである。

その決め手となったのは、‘空気がきれい’という事だった!
また、田舎のことだから、土地はそんなに高くは無いこともあって、家庭菜園をするには十分な広さの庭も確保出来た!

そんな訳で、定番通り、「きゅうり、なす、トマト、かぼちゃ」から始めて、いろいろなものを創って来たが、夫婦合わせて‘148歳’にもなると、20年前の‘108歳’という訳には行かない!

そんな訳で、今我が家の家庭菜園は、‘開店休業’状態にある!
それでも、かみさんがお隣りの奥様から別けていただいた‘珍野菜豆’を春先に植えていたところ、沢山の実を着け始めたのである。

さあ、困ったことに、この‘野菜豆’の名前が判らないから、この野菜豆の何たるかを調べることが難しい!
お隣から別けて戴いた時には、‘名前’を聞くには聞いたそうだが、その名前を思い出せない・・・。

もう認知症は、とっくに始まっているから、「え~とっ!あれ~?」と言ったところで思い出せる筈がない!

とうとう、PCで探し始めたのだ!

何日間も‘ヒット’しなかったのだが、今朝(2015年09月17日)、ついに、遂に、終に、ヒットした!

「紫ささげ(沖縄では、フーロー豆)」だということが判った! ∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…!

DSC_2250-7-2.jpg
DSC_2253-7-2.jpg
DSC_2253-7-4.jpg
DSC_2254-3.jpg

レシピは沢山あるのだろうが、我が家では、無難な‘ゴマ和え’にしてみた・・・。

DSC_2212-2_20150917105949236.jpg
DSC_2214-2_2015091710594857a.jpg
DSC_2213-2_201509171059513c9.jpg
DSC_2213-3.jpg

そんなに特徴がある‘香りと味、それに食感’がある訳ではないのだが、そんなに悪い野菜豆でもない!
味付け次第で、何とでもなるという感じがする・・・。

何か身体にいい成分でも入っているのだろうか?
一ヶ月食べ続けると、中性脂肪の改善や糖尿予防になったりして???

我が家の‘紫ささげ’は、もう一ヶ月以上豆の収穫が続いている!

次の様な文献もある・・・。

http://magazine.shokuikuclub.jp/food/20140831_050038/

沖縄県伝統的農産物 フーロー豆(紫ささげ)

今回は沖縄県の伝統的農産物のひとつ、フーロー豆(紫ささげ)をご紹介します。

77cf7247e1f3ab810ec6fa2fbd6dcc5b.jpg

とても美しい紫色!

沖縄では、フーロー豆と呼ばれていて、それ以外の地域ですと「紫ささげ」などと言われています。

原産は、中央アフリカ、サハラ砂漠の南のサバンナ地帯。日本へは中国から渡来し、奈良時代(8世紀)には食されていたといわれています。


67b24ce32fc9b953ca0ef67c51a64df6.jpg

若いさやをいただくこのフーロー豆は、インゲンによく似ていて、さやの長さは30〜60センチにもなり、インゲンによくにた食感

乾燥させた中の小さな豆は乾燥させて、赤飯の豆に使われてきました。皮が硬く、長い時間煮ても胴割れを起こさないので、縁起を担いで、お祝いごとの食卓にならんでいたようです。
それではちょっと観察してみましょう。

3d2b79af229d50b7f27425a112398a39.jpg

赤紫色のながーいさや。すだれのように実ります。

ささげそのものの名前の由来は、莢(さや)を牙にみたてて、「細々牙(ささげ)」になった、とか、莢が物を捧げる、ように上をむいているから、だとか、いろいろと言われがあるようです。

a422e825da51df7a3e975a1d275f8982.jpg

今回はシンプルにいためて塩とお醤油でいただきました。調理をすると、紫色がぬけてしまい、緑色になるものもあるようですが、こちらはきれいに紫色が残っています。

若いサヤをいただくと、小さな豆の食感もありますので、いんげんと豆の両方が楽しめます。筋がないので、筋取りしなくてよいのも、気軽ですね。


さて、収穫はいつまで続くのだろうか?

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/09/17 12:36] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<マーレイン | ホーム | 俄然面白くなって来た大相撲!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1362-6cf28adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2