また、また出ました!‘91’
また、また出ました!‘91’

今日(2015年10月06日08:47に、ソリティア(solitaire)で、初級での移動回数で、‘91’が出ました!

これで3度目である!

DSC_2266-10-2.jpg
DSC_2271-7-2.jpg
DSC_2268-10-2.jpg

① 1度目:「出た!91」(2012年06月14日02:12)

http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-173.html

② 2度目:「‘91’が出ました!」(2015年07月09日23:34)

http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-1286.html

③ 3度目:「また、また出ました!‘91’」(2015年10月06日08:47)

と言うことになる。

ソリティア(solitaire)については、もう周知の通りだから解説は要らない!

世の中では、

「二度あることは三度ある!」という。

これは、実は‘戒め’の言葉である!
つまり、「二度あることは三度あるとは、物事は繰り返し起こる傾向があるものだから、失敗を重ねないようにという戒め。」ということだから、いい結果が出た時には使わない!

「三度あることは四度ある!」とは言わない・・・。

「不思議に思わない?」
「でも、そんなに不思議でもないのでは?」
「えっ!何故?」
「だって、それを言い出すと、ず~と言い続けないといけなくなるからじゃあないの?」
「そ~と違うんだなぁ、これが!」
「えっ?えっ?」
三度の次の四度目に、或る‘落とし穴’があるって‘法則’があるらしい!

http://seikou.me/page/cat21/225.php
【成功法則】音楽の捧げ物「願望実現の7ステップス」の法則

すべての出来事は、7つの階段を用意したら願いが叶ってしまうという
秘密の法則がある。これは、宇宙の法則であり、西洋音階の秘密です。

西洋人はその宇宙の法則「7ステップス」のために、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ、ドで元に戻る音階を作った。


バッハは魔術師であり、音楽を作ったのは白魔術師。
魔法使いが魔法が発動するために、仕掛けた術が音楽なのです。

だから、ローマ・カトリック教会で用いられる単旋律、無伴奏の宗教音楽である
グレゴリオ聖歌(グレゴリアン・チャント)は、五線譜などなくてもよかった。
演奏できる楽器が存在する前に、先に音階を出来上がっているのです。

ということは、願望実現するためには、
ステップの数が7つあればいいだけで、出来事の重要性は関係ない。

つまり「ベンツが欲しい」という願望があったとしたら、
その願いに到達するまでの合計7つのステップスを作ったら
そのことが実現してしまうということが、宇宙の秘密なのです。

不思議かもしれませんが、これが西洋音階に隠された本当の秘密。
中間目標など途中に書いてある事はなんでもかまいません。

ダイエットでも、貯金でも、トイレ掃除でも、
私がそうなると思えば、それでよいのです。

すべてのプロセスは7つの階段でできています。

この西洋音階の秘密をもう少しお伝えすると、
最後の「ド」は物事の完成ですが、
半音階の部分がキーになります。

「ドレミファソラシド」の中に
半音階が2回出てくるのがわかりますか?
そう、半音階は「ファ」と「シ」です。

最初の半音階である、4階「ファ」で必ず半音下がり、
そして、7階の「シ」でもう一度落ちる。
これは、プロセスの中で必ず2回の失敗が来るという法則なのですよ。


しかも最初の失敗は4階であり、4日目だ。
4日目で失敗しやすい、継続しづらくなる。


つまり、三日坊主は、宇宙の法則。

そして、2回目の失敗は、物事の完成「ド」の一つ手前。
ゴール直前で必ずコケやすいというのも、宇宙の法則なのです。

これを知っていると、何かを成し遂げるときに、
気をつける点が見えてきたと思いませんか?

一般方式であり、万物の適用できる、生成発展の根本モデル。
我々の世界の内部のある、ありとあらゆる出来事は、
物事の発生からゴールに至るまでこの法則の適用内に存在するのです。

これが音楽の捧げ物。
7ステップスは、成功に必要なエネルギーを集めます。

(2011.11.20 できる人の気功術セミナーより)


さ~て、この法則が、西洋人ではない私にも適用されるかどうか、四度目に挑戦してみますか!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/10/06 16:22] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<秋の足音(その5):帝国ホテルの花! | ホーム | 秋の足音(その4):レマン湖形のプールと芝生>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1381-907e1363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2