一年に二度咲く桜!(その4)
一年に二度咲く桜!(その4)

201501012 秋さくら 055-2

我が家からおよそ10km離れた場所に‘鞘戸池(さやといけ)’という珍しい名前の池がある。

世の中にはそんなに沢山ある名前ではないから聞いた事も無かった。
何で‘鞘戸’っていう名前なのか、その由来は知らないが、まあこれは後日と言うことで・・・。

さて、この鞘戸池の周りをぐるりと取り囲んでいる樹が桜である。
ただし、全ての樹が‘二期桜’という訳ではない。
ほんの数本だけが、話題にしている‘二期桜・十月桜’である。

周囲を回ってみたところ、桜の樹と樹の間に‘紫陽花’が植えてあるから、この紫陽花が多いことも判るが、この紫陽花の花が場所によって、今の時期、その‘枯れ方’に違いがある ことに気付いた!

<10月の紫陽花の花の‘枯れ方’の違い>

① 西側の花は、‘ドライフラワー’或いは‘葉脈’状態になっている!
② 東側の花は、まだ‘半分生きた花状態?’で生き残っている!
③ 東側の場合のもう一つの状況:花になる素地の‘花芽?’が、今にも大きく開花しようとしている状況で‘凍結’状態にある!

という不思議な現象を見つけた!

① 西側の花は、‘ドライフラワー’になっている!

(例ー1)
201501012 秋さくら 048-2
201501012 秋さくら 049-2
201501012 秋さくら 050-2
201501012 秋さくら 050-3
201501012 秋さくら 050-4
201501012 秋さくら 050-5

(例ー2)
201501012 秋さくら 057-2
201501012 秋さくら 057-3
201501012 秋さくら 057-4

(例ー3)
201501012 秋さくら 059-2
201501012 秋さくら 059-3
201501012 秋さくら 059-4

(例ー4)
201501012 秋さくら 061-2
201501012 秋さくら 061-3
201501012 秋さくら 062-4

このように、紫陽花の花が、花を切らずに‘ドライフラワー’状態に、或いは‘葉脈’状態になっているのを見たのは始めてである!

どうやら、これには紫陽花の花の‘花びら’と我々が思っているものは、実は‘萼(がく)’であるというらしい!
そのために、普通の‘花びら’とは区別して考えるべきなのだろう!
そのことが、‘ドライフラワー’状態に、或いは‘葉脈’状態になっているのだろう!

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/10/18 23:18] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<紫陽花の‘花’について | ホーム | 一年に二度咲く桜!(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1391-c90f162f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2