セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウ

秋になると近年目立ち始めた‘外来植物’の中でも、一際目立つのは、‘セイタカアワダチソウ’である!

田舎道には、必ずある!

DSC_2334-2_20151020144624375.jpg
DSC_2339-2_20151020144628277.jpg
DSC_2340-2_20151020144629cf6.jpg
DSC_2340-3.jpg
DSC_2335-2_20151020144626502.jpg

このセイタカアワダチソウは、‘ブタクサ’と間違われて、‘花粉症’患者には毛嫌いされたことがある!
私も、もう4,50年も前から花粉症で悩んだ経験があり、このセイタカアワダチソウを見ただけで震えた時代もあった!
しかし、このセイタカアワダチソウが花粉症の源でないことがわかって、その後恐怖心は無くなった!

ただし、今では‘花粉症’そのものにも悩まなくても済む薬を戴いている事もあって、セイタカアワダチソウの‘濃い黄色’が却って落ち着きを齎す存在となった!
血液型‘O’の人は、‘黄色’を好むと言われて、その通りと思った経験があるのだが、果たして!?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%8
2%A4%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%A2%E3%83%A
F%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6

セイタカアワダチソウ(背高泡立草、学名:Solidago canadensis var. scabra または Solidago altissima)は、キク科アキノキリンソウ属の多年草である。日本では代萩とも呼ばれ、次節の概要にある通り、切り花用の観賞植物としてハギ(萩)の代用として用いられ、同様に茎を乾燥したものは萩の代用としてすだれなどの材料に利用される。

概要[編集]
北アメリカ原産で、日本では切り花用の観賞植物として導入された帰化植物(外来種)であり、ススキなどの在来種と競合する。河原や空き地などに群生し、高さは1 - 2.5m、良く肥えた土地では3.5 - 4.5m程度にもなる[1]。茎は、下の方ではほとんど枝分かれがなく、先の方で花を付ける枝を多数出す。花期は秋で、濃黄色の小さな花を多く付ける。種子だけでなく地下茎でも増える。アレロパシーを有する(後述)。

日本における分布状況は北海道の一部から沖縄までとなっており[2][3]、一部調査で北限の変化が確認されたことから、繁殖域が北上している可能性がある[2]。

同時期(次節参照)に増えた帰化植物のブタクサと時折間違われ、花粉症の原因だと言われるが、別の植物である。

日本への侵入経緯[編集]
日本国内への移入は、明治時代末期に園芸目的で持ち込まれ[4][5][6]、「昭和の初めには既に帰化が知られている」との記述が牧野日本植物図鑑にある[7]。その存在が目立つようになったのは第二次世界大戦後で、アメリカ軍の輸入物資に付いていた種子によるもの[4]等が拡大起因とされており、昭和40年代以降には全国、北海道では比較的少ないが関東以西から九州にて特に大繁殖するようになった[4]。沖縄県へも侵入しているが、沖縄本島や久米島などの一部地域で小規模な繁茂に留まっている[2][3]。

外来生物法により要注意外来生物に指定されているほか、日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100にも選ばれている[8]。

盛衰[編集]
高さ2mを超えるものも多い昭和40年代の繁殖状況は、アレロパシー(後述)効果でススキ等その土地に繁殖していた植物を駆逐し、モグラやネズミが長年生息している領域で肥料となる成分(主として糞尿や死体由来の成分)が多量蓄積していた地下約50cmの深さまで根を伸ばす生態であったので、そこにある養分を多量に取り込んだ結果背が高くなり[1]、平屋の民家が押しつぶされそうに見えるほどの勢いがあった。

しかし、平成に入る頃には、その領域に生息していたモグラやネズミが駆除されてきたことによって希少化し土壌に肥料成分が蓄えられなくなり、また蓄積されていた肥料成分を大方使ってしまったこと[1]、他の植物が衰退してしまったことで自らがアレロパシー成分の影響を強く受けてしまったこと[5]等の理由により、派手な繁殖が少なくなりつつあり、それほど背の高くないものが多くなっている。セイタカアワダチソウの勢いが衰えてきた土地にはススキなどの植物が再び勢力を取り戻しつつある[1]。

日本各地で刈取りや抜き取りなどの駆除活動が展開されている[9]。

性質[編集]
アレロパシーを有しており、根から周囲の植物の成長を抑制する化学物質を出す。これはcis-DME[10][11]という名称で知られるが、この物質はセイタカアワダチソウ自身の成長も抑制する。

一時は気管支喘息や花粉症の元凶だと考えられていたが、セイタカアワダチソウは虫媒花で風媒花ではないので、花粉の生成量は少ない上に比較的重く形状も風で飛ぶのには不適であるため[7][12]、無関係と考えられている[5][7]。

生育環境[編集]
湿地や弱アルカリ性の所を好むが、適応性が広く、かなり乾燥するところや日があまり当たらないところでも良く生える。人の手が入った空き地、休耕田や川の土手にもよく生えている。在来の湿地性植物群落に取って代わったような場所もあり、このような場所では現在[いつ?]も駆除に苦労している。


DSC_2338-2_201510201512038fc.jpg
DSC_2338-3.jpg
DSC_2338-4.jpg
DSC_0007-1-3_201411040259265b1_20151020151751a5f.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/10/20 15:20] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<紫陽花の‘花’について(その3):まだ枯れていない状態 | ホーム | 紫陽花の‘花’について(その2):‘蕚’の葉脈>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1394-3948cc2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2