近頃の演歌!(その1)
近頃の演歌!(その1)

私は、自分が‘音痴’であることを自覚しているが、音痴だからと言って感動する音楽がないかというと、そうではない!

ただし、いわゆる‘4,7抜き’の音階と言われる‘演歌’だけに、痛く感動する!
まあ、極端に言わせて貰えば、‘演歌’以外は雑音にしか聞こえないと言ってもいいほどである・・・。

ここのところ、そんな私の心に響く‘演歌’に出会わなかったが、とうとう10月になって素晴らしい演歌に出会ったのである!

それは、森昌子が、切々と歌う

‘心は悲(哀?)しいものですね’

という歌である!

これは、毎日夜寝ながら聞いている‘NHKラジオ深夜便’で、2曲ずつ3ヶ月毎に入れ替わる‘深夜便の歌’で10月から流れている曲である!

まあ、聴いて頂こう!


出典/https://www.youtube.com/watch?v=qMn9RtNjNEQ

作詞家・作曲家・歌手、この3者のいずれもが最高の出来栄えである!

歌に関して、昔から言われることは

「曲、つまりメロディーが大事なのか?それとも詞に重きがあるのか?」

という‘論争’(?)なのだが、それは一概に言えないが、我々のような凡人には‘メロディー’に重点が置かれているかのように思われてならなかった!

しかし、しかしである!

この深夜便の歌、「心は悲(哀?)しいものですね」を聴いていると、メロディーを‘従えた’文学作品になっていることが解る!

今は昔、かの正岡子規が‘俳句を純文学に昇華させる’努力をした結果、芭蕉依頼の俳句の品格が一段と増して、俳句の今日の繁栄があると思われる・・・。

作詞家・松井五郎さんには、何だか‘子規が乗移っている’とさえ思われる節がある!

この展開については、また後日ゆっくりと言及したいが、兎に角この作品は、‘別格’である!

続いて、新設コーナー!

「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第4回)問題編

問題:次の画像は、一体何の一部でしょうか?

写真2枚、これがヒントになると思いま~す!

DSC_2460-4.jpg
DSC_2456-11.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
[2015/10/31 23:56] | 文学と社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘何これ?珍百景!’の候補 | ホーム | 蝶々の飛行について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1406-ace7fad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2