FC2ブログ
近頃の演歌!(その3)
近頃の演歌!(その3)

2015年11月02日付け本ブログ・近頃の演歌!(その2)で、次の様に書かせてもらった!

<前略>

松井五郎作詞、弦哲也作曲の歌は無いのだろうか?

<後略>

そう書かせて貰ったのには当然理由(わけ)がある!

それは、近頃の演歌で最も優れている演歌の一つに、‘ラジオNHK深夜便の歌’(2015年10月~12月)に「心は哀しいものですね」(歌:森昌子)という歌がある。
その作詞家が、松井五郎なのである!
近頃には珍しく、メロディーを従えての一大文学作品になっている!


出典/https://www.youtube.com/watch?v=qMn9RtNjNEQ

そして、そして、弦哲也という天才作曲家が作曲した、水森かおりが歌う‘大和路の恋’が最近にない優れた作品である!

水森かおりの‘大和路の恋’!


出典/https://www.youtube.com/watch?v=6Ot1RxqKWZ0


という訳でこの二人の巨匠、松井五郎作詞、弦哲也作曲の歌は無いのだろうか?
ということになったという次第!

多分無いだろうとは思ったが、NETで探してみると、‘あった!あった!’

しかも、しかも、演歌界を代表する大御所二人、都はるみと五木ひろしのデュエットというから、これ以上の組み合わせは無い!
知らなかったなぁ~!

早速聴いてみた!

 「ふたつ星」♪


出典/https://www.youtube.com/watch?v=Y0I3hK8KaKM

感想: ‘いまいち’!期待値の80%程度、残念!

<原因の究明> 創る人達も、歌う人達もこれ以上の演出は考えられないのに一体何故?

① 一般論で言えば、大物同士はお互いに相手を受け入れないから火花を散らしあって足の引っ張り合いでいい結果が出ない!
② ただし、本当に偉人であれば、そうではない!

大変失礼な言い方だが、この組み合わせの場合はどうだったのだろうか?

結果は、受ける側が決める!

続いて、昨日の

ここで問題で~す!

問題:カマキリの種類は、何種類ぐらいだと思いますか?
    3択です。正解は何番でしょうか?

① 約500種類
② 約1,000種類
③ 約2,000種類

正解は、次回!


正解は、‘③の約2,000種類’だそうです!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9
E%E3%82%AD%E3%83%AA

カマキリ

概要[編集]

全世界で2,000種前後といわれるが、研究者により1,800-4,000種の開きがある。特に熱帯、亜熱帯地方に種類数が多い。
体は前後に細長い。6本の脚のうち、前脚(前肢)が鎌状(亜鋏状)に変化し、多数の棘がある。頭部は逆三角形で、2つの複眼と大顎が発達する。前胸は長く、頭部と前胸の境目は柔らかいため、頭部だけを広角に動かすことができる。触角は毛髪状で細長く、中脚と後脚も細長い。
成虫には細長い前翅と扇形に広がる後翅があるが、多くのカマキリは飛行が苦手で、短距離を直線的に飛ぶのが精一杯である。翅を扇状に広げて威嚇に使うことが多い。地上性のカマキリには翅が退化したものもいて、これらは飛ぶことができない。また、雄は身体が細身で体重が軽く、飛翔性が高くてよく飛んで移動するが、雌は雄よりも太目で身体が頑強で重いために雄のような飛翔行動をすることはなく、翅はもっぱら威嚇のために使用される。
なお、カマキリの体腔内に寄生する寄生虫としてハリガネムシが知られる。充分成長したハリガネムシは寄生主を水辺へと誘導し、水を感知すると産卵のためにカマキリの体内から脱出する。そのため、カマキリの成虫を水で濡らすとハリガネムシが体をくねらせて姿を現すことがある。ハリガネムシが脱出したカマキリは急激に衰弱し、死ぬこともある 。平地に棲むオオカマキリにはあまり見られないが、山間地に棲むハラビロカマキリの成虫にはハリガネムシの寄生がよく見られる。


続いて、新設コーナー!

「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第7回)問題編

問題:次の画像は、一体何の一部でしょうか?

201501021 秋の我が家の庭 010-3

(つづく)
スポンサーサイト



[2015/11/04 23:00] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<方言について | ホーム | 冬支度シリーズ(その1):カマキリは、今!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1412-aa8a46bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2