これっきりこれっきりもうこれっきりですか?
これっきりこれっきりもうこれっきりですか?

かなり昔、こんな歌い出しの歌があった!

今は昔、『「横須賀ストーリー」(よこすかストーリー)は、1976年6月にリリースされた山口百恵の13枚目のシングルである。』<Wikipedia)だそうである!


出典/https://www.youtube.com/watch?v=PjNWRlEVsM0

2015年11月06日の早朝、千葉県は茂原市の‘ストリート(street)’で、表題の「これっきりこれっきりもうこれっきりですか?」状態が出現した!

その日は、9:30羽田空港発の松山空港行きANAに乗り、愛媛県新居浜市の某工場で14:00から開催される打ち合わせに出席することになっていた!

ということは、06:50茂原市駅前発、羽田空港経由横浜駅行きのリムジンバスに乗車しなければならない!
ということは、いつもは、朝の03:30頃に就寝することになっている習慣を大幅に逸脱して、前日は23:40頃には眠りに就いたのである!

ということは、当然予定の05:00頃には目が覚めていた!
真夏の時期とは違って、11月の朝の5時は、まだ暗い!

DSC_2687-2.jpg

2015年11月06日05:22の空である!

DSC_2687-3.jpg

月と何やら星と何やら星が奇妙な並び方をしている!

さて、茂原駅06:50発のバスに乗るには、我が家を06:10には出なければならない。
さっきの月と星の奇妙な並び方の空はどうなったか?

DSC_2688-2.jpg

月は見えたが、残念ながらこの明るさでは星はもう見えなくなっていた!

DSC_2688-4.jpg

さあ、出発!
これから、あの歌の文句が始まるのであ~る!

DSC_2689-2.jpg
DSC_2689-3.jpg
DSC_2690-2.jpg

どうです?!
「これっ霧?これっ霧?もうこれっ霧ですか?」

① こんなダジャレは余り言いたくなかった!
② しかし、一寸目立つために!?
③ そんなことより、房総半島とは思えない朝の霧の景色が・・・。
④ ここ暫く朝日を見たことがなかったから、朝日が新鮮!
⑤ 朝の空気が、こんなに清々しい」とは!

DSC_2690-3.jpg
DSC_2691-2.jpg
DSC_2692-2.jpg
DSC_2693-2.jpg
DSC_2694-2.jpg
DSC_2694-3.jpg
DSC_2695-2.jpg
DSC_2695-3.jpg
DSC_2697-2.jpg
DSC_2697-3.jpg
DSC_2698-2.jpg
DSC_2698-3.jpg
DSC_2698-4.jpg
DSC_2701-2.jpg
DSC_2701-3.jpg
DSC_2701-4.jpg
DSC_2702-2.jpg
DSC_2702-3.jpg
DSC_2703-2.jpg
DSC_2704-3.jpg
DSC_2705-2.jpg
DSC_2706-2.jpg
DSC_2708-2.jpg
DSC_2708-3.jpg
DSC_2709-2.jpg
DSC_2711-2.jpg
DSC_2711-3.jpg
DSC_2711-4.jpg

この景色は、茂原駅まで、まだまだ続く!

それでは、新設コーナーへ

「‘トリミング’拡大画像コーナー」(第8回)問題編

問題:次の画像は、一体何の一部でしょうか?

DSC_2504-10_20151108232120dab.jpg

回答:‘ツワブキの花’の一部でした!

DSC_2504-5_2015111000310265f.jpg
DSC_2504-4_201511100031019e7.jpg
DSC_2504-3_20151110003059a22.jpg
DSC_2504-2_201511100030583dd.jpg
DSC_2508-3_20151110003057d10.jpg

ツワブキとは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AF%E3%83%96%E3%82%AD
ツワブキ(石蕗、艶蕗、学名:Farfugium japonicum (L.) Kitam.[1]、シノニム:Farfugium tussilagineum 、Ligularia tussilaginea )とはキク科ツワブキ属の多年草。イシブキ、ツワともいう。ツワブキの名は、艶葉蕗(つやばぶき)、つまり「艶のある葉のフキ」から転じたと考えられている。沖縄方言では「ちぃぱっぱ」という[3]。

特徴[編集]

分布・生育環境[編集]
日本では本州の福島県・石川県以西から四国、九州、琉球諸島(大東諸島と尖閣諸島を除く)に、日本国外では朝鮮半島、中国、台湾に分布する。低地から山地の日陰や海岸に多い。有毒物質のピロリジジンアルカロイドを含有している。

形態[編集]
多年草で、草丈は50cm程度。地下に短い茎があり、地上には葉だけが出る。葉は根生葉で葉身は基部が大きく左右に張り出し全体で円形に近くなる。長い葉柄を持ち、葉柄は大きく切れ込んだ葉身の中心につく。これらの点はフキによく似ている。その葉は厚くて表面につやがあり、緑色が濃く、若いときには綿毛が多い。花期は10-11月。葉の間を抜けて花茎を伸ばし、その先端に散房花序をつけ、直径5cm程度の黄色い花を数輪咲かせる。
フキが夏緑性であるのに対して、ツワブキは常緑性である。

利用[編集]
日陰でもよく育ち、園芸植物として、日本庭園の石組みや木の根元などに好まれる。斑入りの葉を持つものもある。
民間薬(生薬名たくご)として、茎と葉を打撲や火傷に用いる。フキと同じように茎を食用とすることもあり、フキを原料にした煮物と同様に「キャラブキ」と呼ばれることもある。
津和野町の名前の由来は「石蕗の野」であるという。


(つづく)
スポンサーサイト
[2015/11/09 23:59] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2015年11月06日の早朝の空! | ホーム | 蘗(ひこばえ)は、何故評価されない?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1416-f479c243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2