FC2ブログ
江戸川区のタワー
東京都江戸川区・船堀駅に着いたのは、2012年05月19日(土)11:30である。目的はいくつかあったが、最大の目的は、昨日のこのブログに書いた‘法龍寺’(江戸川区船堀)の「食用蛙供養塔」を見るためである。

またもう一つの目的は、いよいよ3日後にオープンが迫った‘東京スカイツリー’と対比される‘東京タワー’と‘東京第三のタワー’「船堀タワー(正式名称:タワーホール船堀)」から‘下界’を見ようと言う訳である。

因みに、それぞれの高さは次の通りである。

・東京スカイツリー  :634m(350m&450m)

・東京タワー      :333m(120m&224m)

タワーホール船堀  :115m(105m)

(数字m):展望台(or 室)の高さ


快晴で気温も25℃まで上昇、快適である。

船堀駅から、下図に示されている‘一之江境川親水公園’の緑道を南下しつつ‘法龍寺’へ向かったが、この緑道、想像以上に立派なもので、新緑を楽しむ事が出来た。

Save-2.jpg

船堀駅から駅前通りを西へ行き、一之江境川親水公園の緑道に接した所に、下の画像にある‘モニュメント’があった。小川では昔はここで収穫した‘野菜’を洗っている風景である。今はもうそんな様子は懐かしいだけである。

画像ー7 009
画像ー7 009 posted by (C)mobaradesu

そんな意味では、これからもず~と残しておきたいモニュメントに違いない。

画像ー7 012
画像ー7 012 posted by (C)mobaradesu

静かな流れが目の前に現れた。

画像ー7 008
画像ー7 008 posted by (C)mobaradesu

周りの木も新緑が美しい。

画像ー7 010
画像ー7 010 posted by (C)mobaradesu

「クスノキ」の表示板がある。クスノキは、漢字では‘樟’とも書き、‘樟脳’という防虫剤の原料である。このクスノキの幹・根・葉を蒸留して、その液を冷却すると結晶になる。精製するには再度熱を加えて昇華させる。そうして出来たものが‘樟脳’である。我々が小学生の頃は、防虫剤と言えば、この‘樟脳’しかなかった。

画像ー7 011
画像ー7 011 posted by (C)mobaradesu

もうこのクスノキも防虫剤の原料として使われる‘心配もない’から、枝ぶりもよく元気に春を謳歌しているようにさえ感じられた。

画像ー7 017
画像ー7 017 posted by (C)mobaradesu

一之江境川親水公園の案内看板がある。

画像ー7 014
画像ー7 014 posted by (C)mobaradesu

水辺では子供達が何かに夢中になっている。

画像ー7 016
画像ー7 016 posted by (C)mobaradesu

こちらを向いて‘Vサイン’はしてくれるが、何をしているのだろうか?

画像ー7 026
画像ー7 026 posted by (C)mobaradesu

腹つくばいになっている子もいるし、網を持っている子もいる。

画像ー7 025
画像ー7 025 posted by (C)mobaradesu

親が見ているようだから安心だが・・・。

画像ー7 032
画像ー7 032 posted by (C)mobaradesu

おやおや、ここでも・・・。

画像ー7 034
画像ー7 034 posted by (C)mobaradesu

図鑑と見比べているのだろうか?・・。

画像ー7 053
画像ー7 053 posted by (C)mobaradesu

ザリガニだった!

画像ー7 054
画像ー7 054 posted by (C)mobaradesu

こちらの女の子も糸を垂らして‘釣っている’。

画像ー7 052
画像ー7 052 posted by (C)mobaradesu

いやいや、近所の小学校の生徒がザリガニ捕りに夢中になっている光景、これひょっとすると‘珍百景’に登録出来るのかも?

東京の子供達がこうやって小川で夢中になってザリガニ捕りをしている光景を見て少しは安心した気分になった。

画像ー7 055
画像ー7 055 posted by (C)mobaradesu

一応注意書きはある。花や魚をかわいがれと書いてある。捕ってはいけない、とは書いてない!

画像ー7 042
画像ー7 042 posted by (C)mobaradesu

この親水公園は、江戸川区の子供達にとっては、心のオアシスかもしれない。
江戸川区の親水公園は、上記の地図によるとここだけでなくどうやら6つはあるらしい。
上記の地図は江戸川区全体を示してはいないから、もっと沢山あるのだろう。

素晴しい! 夏もきっと涼しい場所に違いない。

画像ー7 050
画像ー7 050 posted by (C)mobaradesu

カメは捕ってはいけないと見えて、子供達も手出しはしていないようだ。
カメにとっても天国に違いない。

画像ー7 048
画像ー7 048 posted by (C)mobaradesu

車いすの御老人も散策をしておられた。

画像ー7 058
画像ー7 058 posted by (C)mobaradesu

15分も経つと‘法龍寺’へ着いた。

画像ー7 059
画像ー7 059 posted by (C)mobaradesu

一番奥が、「食用蛙供養塔」である。

画像ー7 062
画像ー7 062 posted by (C)mobaradesu

これが、「食用蛙供養塔」

画像ー7 063
画像ー7 063 posted by (C)mobaradesu

食用ガエルの‘紋章’?

画像ー7 061
画像ー7 061 posted by (C)mobaradesu

由来を書いた看板。 法龍寺の境内には入れなかった。

画像ー7 070
画像ー7 070 posted by (C)mobaradesu

法龍寺に別れを告げてタワーホール船堀へ向かった。その途中に小さな公園があって、ここでも小学生達が遊んでいる。江戸川区の子供達はこんなにも外に出て遊ぶ事を身につけているとは知らなかった。一寸した驚きである。
教育委員会の方針なのだろうか?

画像ー7 096
画像ー7 096 posted by (C)mobaradesu

しばらく北上すると‘タワーホール船堀’が見えて来た。

画像ー7 099
画像ー7 099 posted by (C)mobaradesu

タワーホール船堀の展望台である。

画像ー7 108
画像ー7 108 posted by (C)mobaradesu

入口。

画像ー7 110
画像ー7 110 posted by (C)mobaradesu

1階の内部。

画像ー7 130
画像ー7 130 posted by (C)mobaradesu

土曜日ということもあってか、見物客は大勢居た。料金は無料。江戸川区の物だからだそうだ。

画像ー7 132
画像ー7 132 posted by (C)mobaradesu

3日後にオープンする‘東京スカイツリー’が見える。

画像ー7 128
画像ー7 128 posted by (C)mobaradesu

画像ー7 158
画像ー7 158 posted by (C)mobaradesu

望遠で撮ってみた。春霞が掛かっていると見えて、鮮明には撮れない。

画像ー7 136
画像ー7 136 posted by (C)mobaradesu

こちらは‘東京タワー’。こちらも鮮明に撮れない。

画像ー7 122
画像ー7 122 posted by (C)mobaradesu

近傍は霞が掛かっていないから・・・

画像ー7 131
画像ー7 131 posted by (C)mobaradesu

かなり鮮明に撮れた。

画像ー7 123
画像ー7 123 posted by (C)mobaradesu

画像ー7 146
画像ー7 146 posted by (C)mobaradesu

画像ー7 148
画像ー7 148 posted by (C)mobaradesu

画像ー7 150
画像ー7 150 posted by (C)mobaradesu

ディズニーランド&シー(リゾート)も見える。

画像ー7 133
画像ー7 133 posted by (C)mobaradesu

競艇場。

画像ー7 135
画像ー7 135 posted by (C)mobaradesu

真下の交差点。

画像ー7 159
画像ー7 159 posted by (C)mobaradesu

飛行機が屋上に‘載って’いる。本物と言う話だ。

画像ー7 115
画像ー7 115 posted by (C)mobaradesu

画像ー7 112
画像ー7 112 posted by (C)mobaradesu

もう一度東京スカイツリーの方面。

画像ー7 189
画像ー7 189 posted by (C)mobaradesu

夜もう一度昇ってみた。夜景も美しい。展望台の高さは、105mである。東京タワーの低い方の展望台は上記の通り、120mというから、高さ的にはそんなに変わりがない。

船堀訪問の二つの目的は、これで十分に果たすことが出来た。めでたし、めでたし!



























スポンサーサイト



[2012/05/19 23:26] | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<行司の軍配 | ホーム | 巨大オタマジャクシ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/144-989593e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2