春を探して(その4)
春を探して(その4)

‘立春’には、‘梅の花’が似合う!桜では、この趣は醸し出せない!
このことは、前からそう思っていたから、昨日のこのブログにもそう書かせて貰った!

両方の一輪の‘花’だけを比較してみると、色合いが少し異なるだけで、そんなに変わりはしない!
どうやら、双方の花数の密度(?)によるのかも?

IMGP4275s.jpg
出典/http://seoson.s88.xrea.com/sakura07/archives/07-0331-083230.php
桜の花

DSC_4191-3.jpg
梅の花

Wikipedia によると、以下の通り、梅と桜の違いは、分類学上の‘属’から後が違うのみで、‘界’は当然同じで、‘門’も‘綱’も‘目’も、そして‘科’まで全く同じである!

違う分かれ道の‘属’においては、ナ、ナ、何と、 ‘梅がサクラ属’で、‘桜がスモモ属’というから面白い!
ただし、横文字表記では、いずれも、‘Prunus’であるから要注意!

「梅」の分類

分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : バラ目 Rosales
科 : バラ科 Rosaceae
属 : サクラ属 Prunus
種 : ウメ P. mume

学名
Prunus mume (Sieb.) Sieb. et Zucc.
和名
ウメ(梅)
英名
Japanese apricot[1]


「桜の分類」

分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
目 : バラ目 Rosales
科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : モモ亜科 Amygdaloideae
属 : スモモ属 Prunus
亜属 : サクラ亜属 subg. Cerasus

和名
サクラ(桜)
英名
Cherry blossom


更に、更に、面白いのは、これからご紹介する‘梅の木苔’である!

これは、樹木の表皮等につく‘苔’であるが、桜と梅では、その表皮に大きな差があるからだろうと思われるが、桜の木には着かない(ようである)!

まあ、ただただ、これでもか!これでもか!で撮り捲った写真集が以下!

20160204 加藤さんちの梅 011-2
20160204 加藤さんちの梅 012-2
20160204 加藤さんちの梅 012-3
20160204 加藤さんちの梅 013-2
20160204 加藤さんちの梅 014-2
20160204 加藤さんちの梅 014-3
20160204 加藤さんちの梅 015-2
20160204 加藤さんちの梅 017-2
20160204 加藤さんちの梅 017-3
20160204 加藤さんちの梅 017-4
DSC_4197-2.jpg
DSC_4197-3.jpg
DSC_4197-4.jpg
DSC_4198-2.jpg
DSC_4198-3.jpg
DSC_4198-4.jpg
DSC_4199-2.jpg
DSC_4199-3.jpg
DSC_4199-4.jpg
DSC_4200-2.jpg
DSC_4200-3.jpg
DSC_4201-2.jpg
DSC_4201-3.jpg
DSC_4202-2.jpg
DSC_4203-2.jpg
DSC_4204-2.jpg
DSC_4204-3.jpg
DSC_4204-4.jpg
DSC_4205-2.jpg
DSC_4205-3.jpg
DSC_4205-4.jpg

余り参考にもならない乱掲載振りで申し訳ない!

普通に見ていると‘きのこの一種’のようにも見えるのだが、拡大してみると如何にも‘グロテスク’で、食べてみると言う勇気は起こらない!

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/02/05 13:48] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<誤字誤植と駄洒落について | ホーム | 春を探して(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1502-13a2c962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2