東本願寺本山内・浅草浄苑(その1)
東本願寺本山内・浅草浄苑(その1)

最近、‘お墓’という概念が少しずつではあるが変わりつつある!

‘樹木葬’という、昭和時代には考えられ無かった‘新方式’まで現れて、今後のお墓はどんなことになっていくのかと考えさせられる!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%B9%E6%9C%A8%E8%91%AC
樹木葬(じゅもくそう)

墓石の代わりに樹木を墓標とする墓のこと。樹木墓地(じゅもくぼち)、樹林墓地(じゅりんぼち)とも呼ばれる。

概要[編集]

樹木葬は、墓地、埋葬等に関する法律による許可を得た墓地(霊園)に遺骨を埋葬し、遺骨の周辺にある樹木を墓標として故人を弔う方法である。遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えるケースや、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺の区画に遺骨を埋葬するケースなど様々な方法がある。

墓地によって、全体を樹木葬墓地とする場合と、一般墓地や芝生墓地と樹木葬墓地を併用する場合がある。

墓碑として用いられる樹木は大きくならない低木が一般的で、ハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、ムシカリ、ツリバナ、モミジ等があげられるが、植樹する地域で生育できること、生態系に悪影響を与えないことなどが配慮される。

ペットなどの動物葬では以前からよく行われていたが、人間のための樹木葬墓地は1999年に岩手県一関市に登場したのが日本初である。2012年には、小平霊園に都立霊園初の樹林墓地が完成し[1]、2014年に樹林墓地に隣接して樹木墓地が作られた。小平霊園の樹木墓地と樹林墓地の違いは、遺骨を個別に埋蔵するのが樹木墓地であり、合葬して一緒に埋蔵するのが樹林墓地である。


中々ついてはいけない発想でもあるが、まあ、それはそれで、先日(4月)、両親などが眠る東京・元浅草にある浄土真宗・本山東本願寺内の浅草浄苑へ行って来た。今年3度目である・・・。

DSC_6159-7-2.jpg
DSC_6162-7-2.jpg
DSC_6163-1-1.jpg
DSC_6165-1-2.jpg
DSC_6171-7-2.jpg
DSC_6175-7-2.jpg
DSC_6178-7-2.jpg
DSC_6179-7-2.jpg

此処へ来ると、何となく落ち着いた気持ちになる!
此処へ来ることのもう一つ楽しみは、美術品や芸術品が見られることである!

3月に来た時にも展示してあったのだが、‘横山大観’の富士山があった!
驚いたのは、横山大観が、‘台東区の名誉区民’だったことである・・・。

やはり、この作品は素晴らしい!

このマンション墓地に眠両親達が、こんな素晴らしい作品を見ているのだろうか?

DSC_5028-2.jpg
DSC_5028-3.jpg
DSC_6189-10-2.jpg

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/05/02 23:02] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<東本願寺本山内・浅草浄苑(その2) | ホーム | ‘下らない話題’(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1583-36abd777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2