この壺の価格は?
この壺の価格は?

皆さんご存知の‘開運!なんでも鑑定団’で、これまでの最高額は、以下に示した通り‘5億円’だったそうである!

001.jpg
出典/http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/ranking.html
柿右衛門様式の壺 5億円 (2005年9月27日放送)

さて、次に示す壺を、このなんでも鑑定団に出したとしたら、一体どの位の値段がつくだろうか?

201605019 蜂の巣? 011-3
201605019 蜂の巣? 007-3
fc2blog_201605200030099de.jpg
出典/ http://style.nikkei.com/article/DGXMZO98501860W6A310C1NNP000

この中島誠之助先生なら、何と仰るだろうか?

「いい仕事してますねぇ~!」

「これは、多分平安時代の末期か鎌倉時代の初期頃、京都の窯で焼かれた壺で、口の方が少し欠けていますが、この薄さといい、
 この壺の形がいい!また、この壺の下の部分の色は、・・・・」

などと仰るかも知れない!

さ~て、この壺の正体は?!

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/05/19 23:39] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<この壺の価格は?(その2) | ホーム | 浅草浄苑の展示品:‘家康公遺訓’>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1599-4ea7ebb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2