FC2ブログ
第二次改造内閣は、第一次増税内閣
昨日、2012年6月4日、第二次野田改造内閣が発足した。

第二次野田内閣
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/c6003ca0602bdde3b206b4a11ae12263

改造ではない本当の野田内閣発足の時には多くの国民が‘ある種の期待’をしていた。

私も菅内閣には、福島原発のこともあって多少の同情の気持ちはあったが、その後の打つ手のお粗末さに辟易していたから、野田首相に大いに期待した。

‘どじょう’内閣、いいではないか!と思っていたが、今から思えば、彼特有の‘其の場凌ぎ’の‘口から出まかせ’の‘国民の気を引く欺瞞に満ちた’作り話だったのである!

その証拠に、いま誰一人として、ご自身だって‘どじょう’の‘ど’の字も言わないではないか!

今回の改造内閣の本質は、われわれ‘ど素人’には、‘第一次増税内閣’と映る。

大方の予測通り、極めて‘短命’で、新記録を樹立し、‘ギネスブック’に申請することなく登録されるに違いない。だって、6月一杯持たないのだろうから。

この改造内閣は、何も‘改造’の必要はなかった‘更迭’だけで済んだはずだ。

それをこの野田首相は、‘じみ’大臣を代えることによって‘更迭’でないことを証明しようとする‘阿漕(あこぎ)な’やり方で国民を迷わそうとする。

ご本人は、「‘政局’ではなく・・・」と何度も発言する。

しかし、結果は、正に‘自民党に阿(おもね)た、諂(へつら)った’‘政局'政策以外の何物でもない!



ただし、ただしである!

今回の人事でたった一つだけ大いに褒められる事がある。

それは、防衛大臣に、森本 敏 氏を登用したことである。

森本大臣
2012年6月5日付け 朝日新聞


これには、‘やんや!’と喝采を送ってもいい!

民主党の内部にも、自民党の一部にも「国民が選挙で選んだ‘政治家’ではないから、これは一寸いかがなものか?!」という。

馬鹿を言え! 今や衆議院にも参議院のも‘政治家’はいないではないか? 


‘政治家’が‘政治屋’に落ち込んでしまっている。
この民間人に‘政治家’の仕事をして貰っては、自分達がはなはだ迷惑を被る、という訳だ。

さて、この人事、真にお見事!の一言に尽きる。

もう何年も前から、‘防衛問題’にしろ‘外交問題’にしろ、TVでの‘論争’を聞いていて「この人は優れているなぁ~」と思っていた。

議員の発言は、与党・野党問わず、‘私利私欲・党利党略’の意見に終始するから、論理性においては正しいが、これらは全て‘屁理屈’の塊である。つい、国民は騙されるのである。

しかし、森本氏の意見は、‘データに基づいた’‘論理性’であるから、‘屁理屈’ではない!
ちゃんとした世界中に隅々までに‘目を凝らした’結果の意見である。

森本新大臣
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5046522.html

今、NHKの大河ドラマ‘平清盛’の主題は、‘公家朝廷’から‘実力武士’への‘政権交代’を描こうとしている。

長年の居座りが、世間を欺き民衆を蔑(ないがし)ろにする。

本当の‘政治家’の登場が待たれる。

森本防衛大臣、頑張って下さい!

























スポンサーサイト



[2012/06/05 10:16] | 政治と社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<腸内細菌の役目とその量 | ホーム | 笑いが健康の因(もと)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/161-74de607c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2