散歩道の‘事件’?!
散歩道の‘事件’?!

今日(2016年6月14日)は、昨日の大雨とは打って変わって、朝から快晴となった!
湿度もそんなに高くなかった!

今日は、東京での打ち合わせも無かったし、資料作りも15時には終えてしまったので、久し振りに散歩に出た・・。

気温の上昇と雨による水分の補給で稲も雑草も‘ぐんぐん’伸びてきた!
久し振りの散歩道は、空気が澄み切って清々しかった!

DSC_7090-2.jpg

もう田圃は、水が見えないくらいに稲が生長していて、まるで‘ゴルフ場のコース’のようにも見える!
また、川は太陽を反射して、‘真っ白な道路’のようにも見えた!

DSC_7091-2.jpg

いつもの田圃道へ入るところの道路に‘へび’がいた!

DSC_7092-2.jpg
DSC_7092-3.jpg
DSC_7092-4.jpg

どうやら、交通事故(?)に遭ったらしく、既に死に絶えていた!

暫くして、田圃道に入ったところで、‘Mさんご夫婦’と‘合流’した時、ご主人が、「珍しいものを見せてあげる!」とご案内戴いた田圃に中に、近頃見たことも無い‘怪魚’がいるではないか!

DSC_7093-2.jpg
DSC_7093-3.jpg
DSC_7093-4.jpg

ご主人が、丈夫な草切れで、身体を押してくれたところ、‘バシャリッ!’と跳ねて、こちらへ顔を向けてくれたのである!

DSC_7095-2.jpg
DSC_7095-4.jpg
DSC_7100-2.jpg

どうも人相(おっと!‘魚相’)がいまいち、はっきりとしない!

しかし、大昔に九州の田舎で見た‘雷魚’のような気がした!
早速、NETで調べてみた!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%A7
ライギョ (雷魚、Snakehead) は、スズキ目タイワンドジョウ科 Channidae に分類される淡水魚の総称。

概要[編集]
ライギョは、中国から朝鮮半島、アムール川流域までのロシア沿海地方に分布するカムルチー Channa argus を指す日本での呼称だが、広義にはタイワンドジョウ科 Channidae に分類される魚の総称としても用いられている。

和名に「ドジョウ」の名があるが、コイ目・ドジョウ科に分類されるドジョウとは全く異なる。細長い体とヘビに似た頭部から、英語では"Snakehead"(スネークヘッド)と総称され、釣りや観賞魚の愛好家はこちらで呼ぶことも多い。日本には自然分布していなかったが、カムルチー、タイワンドジョウ、コウタイの3種が移入されたと言われている。

特徴[編集]
体は前後に細長い円筒形をしている。背鰭と尻鰭は他のスズキ目のような棘条が発達しない。また、背鰭と尻鰭の基底も長く、背鰭は胴体のほとんど、尻鰭も胴体の後半部分に及ぶ。腹鰭は小さい。口は大きく、下顎が上顎よりも前に突き出ており、鋭い歯が並ぶ。口の中へ手を入れると噛みつかれて出血することがあるので、漁獲時などの生体の取り扱いは十分な注意が必要である。

生態[編集]
コブラスネークヘッド Channa marulius 親魚が稚魚を保護する水流が無いか緩やかで、ハスなどの水生植物が生い茂った水域に好んで生息する。湖・沼・池・河川の中下流域などに多い。

朝や夕方の薄暗い時間帯、または水が濁っている時に活発に活動する。

食性は基本的に魚食性だが、他にも甲殻類、昆虫類、カエルなど水生動物のほかときには水鳥の雛やネズミなどの小動物など幅広く捕食する。水底にじっと潜み、水中や水面を通りかかる獲物に飛びかかる。多くの文献等ではその姿形から獰猛というイメージもあるが、警戒心が強く臆病な面もある。雷魚の名の由来は、悪天候時に行動することから「雷を呼ぶ」と見られたからとも、獰猛な捕食行動が「雷が鳴るまでくわえた獲物を離さない」と見られたからともいわれる。繁殖時には親が卵や稚魚を保護する。種によっては産卵の際に水草などを集めて巣を作るもの、卵や稚魚を口内で保護するものなどもいる(マウスブルーダー)。水草で巣を作る種類は水草がないと繁殖出来ないため、治水工事などで開発が進んで減少している地域もある。

利用[編集]
食用 : 肉は淡白な白身で、分布域各地で揚げ物や鍋など食用にされ、養殖も行われている。 ただし有棘顎口虫という寄生虫の中間宿主なので、刺身等で生食すると顎口虫症になる危険性があるため必ず加熱する。


文献による‘雷魚’の画像:

20120830_230145.jpg
出典/http://masy.jugem.jp/?eid=493

20120830_230146.jpg
出典/http://masy.jugem.jp/?eid=493

o0800045013668781018.jpg
出典/http://ameblo.jp/youcan5486/

img_0_20160615015541ee7.jpg
出典/http://blogs.yahoo.co.jp/luckyfield1967/31295601.html

やはり、‘雷魚’のようである!

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/06/14 23:43] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<蚊取り線香の謎 | ホーム | ‘下らない話題’(その4)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1623-2ab4d50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2