https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF
キク(菊)は、キク科キク属の植物。ここでは、狭義のキク(イエギク、栽培ギク)について詳述する。

日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶ[1]。

概要[編集]
イエギク(家菊、学名 Chrysanthemum × morifolium syn. Chrysanthemum × grandiflorum Kitam.)は、キク科キク属の植物。

秋に咲く花であるが、短日性植物で、電照などを用いた作型の分化により、周年供給されている(電照菊を参照)。食用にする「もってのほか」などの品種もある(食用菊を参照)。花言葉は「高貴」である。観賞園芸的には和菊、生産園芸的には洋菊が中心に栽培されている。また、切花としては温室での電照栽培で周年出荷されている。バラ、カーネーションとともに生産高の多い花卉となっている。

日本では、薬草や観賞用植物として平安時代より用いられ、宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句(旧暦9月9日)が明治時代まで行われ、現在でも皇室園遊会(観菊御宴)として行われている。日本で菊の栽培が盛んになったのは、栽培のプロセスが冬に芽をとり、春に植え、夏に成長させ、秋に観賞するといった具合で、イネの栽培と類似していることが影響しているとの説がある。現在では各地に愛好会ができる一方で、秋にはそれらが主催の品評会が開かれている。

600px-Imperial_Seal_of_Japan_svg.png
菊花紋章(十六弁八重表菊紋

物品への意匠として用いられることも多く、後鳥羽上皇が身の回りのものに施したことにより天皇および皇室の紋となったといわれ[2]、鎌倉時代には蒔絵や衣装の文様として流行した。日本の南北朝時代以降には天皇より下賜されることにより公家や武家の間で家紋として使用されるようになった(詳細は「菊花紋章」を参照のこと)。

日本では黄泉の国神話の口承による影響で、伝統的に仏花や献花として菊が使用されてきた(なお、慣習として故人への供花とされ、病室への見舞いの花としては忌避される)。世界的には、フランス、ポーランド、クロアチア等の一部のヨーロッパ諸国において白菊が墓参に用いられ、中国、韓国でも葬儀の際に菊が用いられることが多い。

キクの花弁が放射線状に並んだ形状に由来する慣習的な呼び名があり、アンモナイトの化石のことを「菊石」といったり、また陶芸やそば打ちでの材料の練り方に「菊練り」がある。


菊は、その清々しさと気品の高さにおいて‘花の女王’という感じがする!

多分、上記の通り、後鳥羽上皇もそうお感じになったのだろうか?

菊の花が傍にあるだけで、その辺りの空気が‘凛とする!

昨日から、我が家の食台に菊の花瓶が載っている!
そんなに大きな花ではないが、やはり気持ちが引き締まる・・・。

DSC_8994-2.jpg
DSC_8991-2.jpg
DSC_8998-2.jpg
DSC_8998-3.jpg
DSC_8997-2.jpg
DSC_8997-3.jpg
DSC_8997-4.jpg
DSC_8999-2.jpg
DSC_8999-3.jpg
DSC_9001-2.jpg
DSC_9002-2.jpg
DSC_9003-2.jpg
DSC_9003-3.jpg
DSC_9004-2.jpg
DSC_9004-3.jpg
DSC_9005-2.jpg

今後、‘菊の歴史’について調査してみたい!

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/10/23 23:23] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2016年10月の血液検査結果 | ホーム | 珍客!(その2):沢がに>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1721-aa2892e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2