南国の豪華結婚式!(その2):日本出発
南国の豪華結婚式!(その2):日本出発

DSC_9154-2.jpg

十数年来の私の友人が、今年還暦を迎えたというのに、フィリピンでの事業に成功して、フィリピンで結婚式を挙げることとなった!
そんな訳で、私にも招待状が来た!
夫婦で参加して欲しいと言うので、躊躇することなくお引き受けすることにしたのである!

彼は、たった一人でフィリピンへ渡り、何の‘伝(つて)’も無く、裸一貫から約30年を掛けて、努力と我慢を重ねて今日の会社を興した猛者(もさ)である!
何故、フィリピンへ単身で渡ったか? これはお聞きしたに違いないが、その理由は覚えていない・・・。

勿論、現地の‘タガログ語’は、完璧にマスターしなければ、商談は出来ない!
多分、挫けそうになったことは何度もあったに違いないが、上述の通り、我慢と努力の男である!
彼の事業をお手伝いするために、私はもう何度もフィリピンを訪れているのだが、行く度に彼の‘凄さ’に舌を巻いている!

少しでも彼に肖(あやか)りたいという気持ちと彼が築き上げた事業を世界的規模に拡大するために、私は日本人の友人と諮(はか)ってこれから人生最後の大事業に取り組もうという訳である!

その事業が何であるかは、現時点では‘秘密保持契約’を結んでいるために明らかに出来ないが、‘世の中がひっくり返る’ほどの素晴らしい大発明である!

「‘ノーベル賞’? そんなの‘目’じゃない!」

と言わせるほどの大仕事である!

まあ、そんな和気清麻呂で、2016年10月29日の朝結婚式参列のため出発することになった!
成田空港へは、私が住んでいる千葉県・茂原市からは、車で行けばほんの一時間足らずなのだが、電車で行くとなると千葉市へ出なければならない!

東京発成田空港行きのJR特急電車は、何故かは知らないが、‘千葉駅’には‘停車しない’のである!
千葉駅からは、京成線もあるが、JRに乗るとなると、千葉駅で、一時間に一本しかない快速電車に乗らなければならいから、外房線との時間調整が必要で、家を出てから約2時間も掛けてようやく成田空港に到着したのだが、これも待ち合わせ時刻の1時間20分も前である!

JRさんにも理由はあるのだろうが、千葉県に住んでいる住民が成田空港に行くのにもっと便利な‘ダイヤ’は組めないのだろうか?

さて、今回のフィリピン行きは、結婚式場がマニラ市内ではないために、いつもの羽田空港からマニラ空港への直行便ではなく、成田からソウル・インチョン空港経由でフィリピン・クラーク空港行きに乗ることとなった!

フィリピン-01-2
フィリピン-01-3
フィリピン-01-4

スケジュール表をご覧戴ければお解かりの通り、到着や出発が、‘深夜’である!
しかし、飛行機に乗れば、眠ればいいし、遅く着けばホテルで眠ればいいからそんなに大騒ぎをすることではないと割り切って出発することにした!

結婚式などの‘イベント’の場合、誰しも‘縁起を担ぎ’たくなるのは、‘人情’ってな訳!

家を出て直ぐに、前を走る車のナンバーが、‘末広がり’という気持ちの良い出発となった!

DSC_9042-2.jpg
DSC_9042-3.jpg
DSC_9042-4.jpg

<成田空港での情景>

DSC_9043-2.jpg
DSC_9044-2.jpg
DSC_9044-3.jpg
DSC_9045-2.jpg
DSC_9045-3.jpg

ここが、インチョン空港行きのゲートである!
その周りを見たら、日本に相応しい‘浮世絵’が‘高精細’で印刷されて壁を彩っている!

DSC_9046-2_20161105021751066.jpg
DSC_9046-3_20161105021752fe0.jpg
DSC_9046-4_201611050217546a1.jpg
DSC_9046-5_20161105021750d71.jpg

そんな訳で、家を8:30に出て、13:55に出発だから、その間約5時間半、ようやく飛行機が動き始めたのである!

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/11/04 23:50] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スマホで撮った150km以上離れた富士山 | ホーム | ソウル・仁川(インチョン)空港の無料充電コーナー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1726-7fac45e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2