清流?‘赤目川’は、今・・・。(その1)
清流?‘赤目川’は、今・・・。(その1)

‘清流’という定義については、Wikipedia’によれば、確たる定義は無いと言う!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B5%81
清流(せいりゅう)とは、水質汚染の少ない、または無い川のこと。明確な定義や条件は存在しない。何らかの形で河川の水質が良好であることが証明されたことをもって「清流」と表現されることがある。

国土交通省が公表している全国一級河川の水質現況では、毎年上位のランキングが公表されており[1]、これで1位となった河川(複数の河川が同順位であることが多い)を「清流日本一」等と表現する場合がある[2]。


さて、ここでご紹介しようとする(過去には、このブログで何度も紹介した!)‘赤目川’は、二級河川だそうだから、‘清流日本一’という訳には行かないに違いない!

それに、この千葉県・茂原市を通過している‘赤目川’は、海に近いから‘差し潮’の場合は、海水が逆流して来る‘汽水’川だから、海水が汚れているのが普通なので、‘清流’というに値するのは‘引き潮’の場合だけである!

そんな訳で、その‘引き潮’の時間帯に‘赤目川’に行ってみた。

2016年11月26日。
この日は、関東地方は晴天で久し振りに早起きして‘富士山’を撮影しに行った事は、このブログで紹介した!
そして、そして、丁度その日の午前7時頃は‘引き潮’の時間帯と見えて、‘清流’状態だったのである!

20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 067-2

‘南白亀川(なばきがわ)’の文字が見えるが、この‘赤目川’は、この看板の場所から、約1.5kmほど川下の所で、‘南白亀川’に合流する!

20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 023-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 020-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 022-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 021-2

どうです?‘清流’でしょう!

そこに‘サギ’が舞い降りて来るのである!

20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 163-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 163-3
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 164-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 164-3
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 166-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 073-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 073-3
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 073-4
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 165-3
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 074-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 074-3
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 077-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 077-3
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 085-2

おおっと!
この青サギが、今度は‘電柱の頭’に!

20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 095-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 095-3
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 096-2
20161126 鵜と富士山と田圃と鯉 097-2

さて、さて、この後、この‘サギ(青サギ)’が狙っていたのは、この清流に‘群れ’を成して遡って来るOOの大群!

ここで、問題で~す!
Q:このOOに入る魚の名前は?

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/12/08 14:50] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<清流?‘赤目川’は、今・・・!(その2) | ホーム | 万歩計の珍数字!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1745-e36b555d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2