桔梗の花の不思議(その1)
桔梗の花の不思議(その1)

DSC_7566-2.jpg
DSC_7566-3.jpg

‘桔梗’という言葉を聴いて、直ぐに感じることは、その漢字から原産地は中国だな!と言うことと、その花の色が紫ということで、少々‘高貴さ’があると思われることである!

一寸調べてみると、原産地は中国ではなくて日本にも昔からあったというから少し驚いた・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3
%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6

キキョウ(桔梗、Platycodon grandiflorus)はキキョウ科の多年性草本植物。山野の日当たりの良い所に育つ。日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリアに分布する。

万葉集のなかで秋の七草と歌われている「朝貌の花」は本種であると言われている。絶滅危惧種である。

形態[編集]
根は太く、黄白色。高さは40-100cm程度。葉は互生で長卵形、ふちには鋸歯がある。下面はやや白みがかっている。

秋の花のイメージが強いが、実際の開花時期は六月中旬の梅雨頃から始まり、夏を通じて初秋の九月頃までである。つぼみの状態では花びら同士が風船のようにぴたりとつながっている。そのため "balloon flower" という英名を持つ。つぼみが徐々に緑から青紫にかわり裂けて星型の花を咲かせる。雌雄同花だが雄性先熟で、雄しべから花粉が出ているが雌しべの柱頭が閉じた雄花期、花粉が失活して柱頭が開き他の花の花粉を待ち受ける雌花期がある。花冠は広鐘形で五裂、径4-5cm、雄しべ・雌しべ・花びらはそれぞれ5本である。

なお、園芸品種には白色や桃色の花をつけるものや、鉢植え向きの草丈が低いもの、二重咲きになる品種やつぼみの状態のままほとんど開かないものなどがある。

生薬[編集]
キキョウの根キキョウの根はサポニンを多く含むことから生薬(桔梗根という)として利用されている。生薬としては、根が太く、内部が充実し、えぐ味の強いものが良品とされている。去痰、鎮咳、鎮痛、鎮静、解熱作用があるとされ、消炎排膿薬、鎮咳去痰薬などに使われる。主な産地は韓国、北朝鮮、中国である。桔梗湯(キキョウ+カンゾウ)や銀翹散、十味敗毒湯、防風通聖散、排膿散などの漢方方剤に使われる。


http://www.asahi-net.or.jp/~mh9n-kk/saijiki09.html
この桔梗も、名前の由来は「桔梗」の読み、「きちこう」が転じたもので、「桔梗」の由来は、根が「結実(ひきしまっている)」かつ「梗直(まっすぐ)」であることからきたといいます。名の由来になった根の干したものを、漢方治療では、去痰、排膿、消炎などの目的で使います。


植物はその子孫をたくさん増やすために‘花’を咲かせていることは、小学生でも知っていることなのだが、植物の花の受粉の仕方には、大まかに言えば、‘自家受粉と他家受粉’とがあること及びその意義については、その道でない大学教授だって知らない人が多い(に違いない)!

‘自家受粉と他家受粉’については、後日詳しく情報を掲載したいと思っているが、先ずは‘桔梗’の美しい花の様子から・・・。

DSC_7568-2.jpg
DSC_7568-3.jpg
DSC_7568-4.jpg
DSC_7568-6.jpg
DSC_7568-7.jpg

この花の雌雄をよ~くご覧戴きたい!
雄しべが‘先に’枯れてしまっていることが判る!

これが、上記引用文献にある、

「雌雄同花だが雄性先熟で、雄しべから花粉が出ているが雌しべの柱頭が閉じた雄花期、花粉が失活して柱頭が開き他の花の花粉を待ち受ける雌花期がある」

事の過程一部分の証拠写真である!

では、何故この‘桔梗’はそんな‘まどろっこしい’ことをするのだろうか?
この答えは、勿論解明されている!

(つづく)
スポンサーサイト
[2016/12/11 23:53] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今年も吊るし柿が・・・。(その1) | ホーム | 清流?‘赤目川’は、今・・・。(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1748-52147482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2