2017年の初詣
2017年の初詣

20年前にここ千葉県茂原市へ越して来て以来、我が家の毎年の初詣は、‘橘樹神社’と決まっている。
他の神社に初詣に行ったとしても、‘橘樹神社’への参拝は欠かしたことが無い・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%98%E6%A8%B9%E7%A5%9E%
E7%A4%BE_(%E8%8C%82%E5%8E%9F%E5%B8%82)

橘樹神社(たちばなじんじゃ)は、千葉県茂原市本納にある神社。式内社、上総国二宮で、旧社格は県社。神紋は「橘」。
古くは「橘神社」・「橘木神社」とも記された。現在は「橘樹」の2字で「たちばな」と読む。

祭神[編集]
主祭神
弟橘比売命 (おとたちばなひめのみこと)

相殿神
日本武尊 (やまとたけるのみこと) - 弟橘比売命の夫。
忍山宿禰 (おしやまのすくね) - 弟橘比売命の父。

歴史[編集]

概史[編集]
社伝では、日本武尊が東征した際、相模から上総へ渡ろうとした時に海上で暴風に遭った。弟橘媛が海に身を投じて日本武尊の難を救ったことから、日本武尊が弟橘媛の御陵を作り、弟橘媛の櫛を納めて、橘の木を植えて祀ったのに始まると伝える。『古事記』には「七日の後、その后の櫛海辺に依りき。すなはちその櫛を取りて御陵を作り治め置きき。」[1]とあり、これが当社のことであるという。また『日本書紀』では、「さらに相模においでになって、上総に渡ろうとされた。海を望まれて大言壮語して、こんな小さい海、飛び上ってでも渡ることができよう、と言われた。(中略) こうして、日本武尊は上総より転じて陸奥国に入られた。そのとき大きな鏡を船に掲げて、海路をとって葦浦(鴨川市吉浦)を廻り玉浦(九十九里浜)を横切って蝦夷の支配地に入られた。」[2]とあり、この時祀られたのが由来とされる。

国史の初見は、『日本三代実録』元慶元年(877年)5月17日条、従五位勲五等の橘樹神に正五位下の神階を授けるという記述である。元慶8年(884年)7月15日、正五位上の神階が授けられ、日本武尊・忍山宿禰が合祀された。『延喜式』神名帳には上総国長柄郡に「橘神社」と記載され、式内社に列している。

中世には当社周辺に社領・橘木荘(のち二宮荘)を有した。延宝8年(1681年)には正一位が授けられたという。

明治6年(1873年)近代社格制度において県社に列した。


今年(2017年)の元旦は、小春日和の晴天!
最高気温は14℃にもなろうかという素晴らしい天気に恵まれたのである!

DSC_0774-2.jpg
DSC_0775-2.jpg
DSC_0782-2_201701040159369ef.jpg
DSC_0785-2.jpg
DSC_0788-2_201701040200554b5.jpg
DSC_0790-2.jpg
DSC_0792-2.jpg
DSC_0792-3.jpg

上の写真の扁額は、戦勝祈願の為に寄進された扁額で、東郷平八郎書の文字が見える!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%83%B7%
E5%B9%B3%E5%85%AB%E9%83%8E

東郷 平八郎(とうごう へいはちろう、弘化4年12月22日(1848年1月27日) - 昭和9年(1934年)5月30日)は、日本の幕末から明治時代の薩摩藩士、軍人。階級は元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長として高陞号事件に対処。日露戦争では連合艦隊司令長官として旗艦「三笠」で指揮を執り、「陸の乃木 海の東郷」「アドミラル・トーゴー」「東洋のネルソン」と呼ばれ、バルチック艦隊を破ったことにより 英雄視された。各地の東郷神社に名を残す。位階は従一位、勲位は大勲位、功級は功一級、爵位は侯爵。


下の写真が、この神社の名称にもなっている‘橘’の木である・・。

DSC_0793-2.jpg
DSC_0794-2.jpg
DSC_0795-2.jpg

おみくじは、‘中吉’!
そして下の写真が、‘弟橘比売命’のお墓!

DSC_0800-2_201701040202212b9.jpg
DSC_0801-2_20170104020222da1.jpg
DSC_0802-2.jpg
DSC_0803-2.jpg
DSC_0805-2.jpg

正午を過ぎると参拝者の数も増えてきた!
やはり、初詣という伝統文化は、心を引き締めてくれる。来年もまた・・・。

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/01/03 23:54] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<はとバスのショートトリップ(その1) | ホーム | 昨年(2016年)最後の12月のランキング!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1762-bfac3252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2