外房から富士山の見えるスポット探し(その1)
外房から富士山の見えるスポット探し(その1

或る方から、「外房から富士山が見えるスポットがあるので行ってみては?」という貴重な情報を戴いた!
弊ブログを見て頂いた方からご親切にも場所のご指定情報もあり、ご自分で行かれて実際に富士山を見た、と仰せである!

こりゃあ、何としてでも、と本日(2017年1月18日)その場所へ行ってみた!
その後直ぐに、もう一箇所もひょっとすると見えるかもしれないが、ご自分はまだ行かれておられないという‘追伸’まで頂戴したのである!

有難いお話である!

あいにく本日のお天気は、外房から西側には‘雲の集団’が見え隠れしていたのだが、丁度東京での打ち合わせも無いことだったので、その‘スポット’の確認だけでもとの思いで出かけたのである!

その場所は、千葉県・長生郡・長生村の‘津波対策としての避難場所’として、昨年(2017年)の秋に巨額の予算を投入して新たに標高10mの‘築山’を長生村が建設した、その場所だったのである!

長生村は以下に示す通り、‘津波避難用場所’として、13箇所を指定して村民にその情報を流している!

長生村津波避難場所-2

富士山観測スポット情報は、この12番目と13番目の昨年出来上がった‘築山公園’だったのである!

長生村津波避難場所-3

<1> 城之内築山公園

自宅から車で約40分、場所は、‘カーナビ’が直ぐに教えてくれた!

20170118 新富士山観測地 001-2
20170118 新富士山観測地 022-2
20170118 新富士山観測地 021-2
20170118 新富士山観測地 018-2
20170118 新富士山観測地 003-2
20170118 新富士山観測地 004-2
20170118 新富士山観測地 005-2
20170118 新富士山観測地 006-2
20170118 新富士山観測地 007-2

標高10mだと言うから、津波が来ても、先ずは大丈夫に違いない!
その規模は、以下の写真の‘看板’に見て取れる!

20170118 新富士山観測地 024-2
20170118 新富士山観測地 024-3

収容人数:290人 とあるが、1㎡に1人と計算してだから、満員電車を想定すれば、1㎡に5人は大丈夫だとすれば、
290人×5=1,450人 先ずこのくらいは大丈夫だと思われる!

事業費は、何と2億円を越している!
命には代えられないから‘血税’である!

それが、‘のんき’にも‘富士山観測スポット’として‘活用’しようと言う‘不埒な’考えで来たのだと思うと一寸恥ずかしい思いだったが、‘津波’は来ないに越したことはないし、普段から‘富士山観測スポット’として有名になっていれば‘避難の時’にも有効に違いないと思ったから少しは心も落ち着いた!

ところで、富士山は何処に?

20170118 新富士山観測地 008-2
20170118 新富士山観測地 010-2
20170118 新富士山観測地 010-3
20170118 新富士山観測地 010-5

どうやら、下の二枚の写真の‘赤い矢印’のところが、富士山らしい?

矢印富士山ー1
矢印富士山ー2

‘ポンコツカメラ’での望遠で‘ピント’もいまいち!
次は是非‘晴天の日’にもっと慎重に撮影してみたい!

トイレもちゃんとある!

20170118 新富士山観測地 026-2
20170118 新富士山観測地 025-2


<2> 竜宮台築山公園

先程の‘城之内築山公園’から、およそ2km南にある!
残念ながら、このスポットからは、富士山らしき山は見えなかった・・・。

20170118 新富士山観測地 031-2
20170118 新富士山観測地 033-2
20170118 新富士山観測地 035-2
20170118 新富士山観測地 037-2
20170118 新富士山観測地 039-2

またの機会に・・・。

20170118 新富士山観測地 047-2

此処の規模は、以下の通り!

20170118 新富士山観測地 029-2
20170118 新富士山観測地 030-2
20170118 新富士山観測地 030-3

収容人数:110人 と言うから、5倍の550人位は、大丈夫だろう!
事業費は、何と、‘1.6億円’!

‘津波’とは、誠に恐ろしいものである!
この避難所が使われないことを望むばかりである!

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/01/18 23:56] | 富士山 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<東本願寺・浅草浄苑の展示物 | ホーム | 初梅!>>
コメント
ありがとうございました
この度の記事、大変興味深く拝見しました
更新が楽しみで、何度も覗きにきていました(笑)
本当にそうですね
津波の避難場所として使う日が来ないことを願います
せっかく足を運んでいただいたのに今回はちょっと残念な結果でしたが、機会がありましたらまた、ぜひ(*´˘`*)
私も近々再訪してみようと思います♪
[2017/01/19 16:44] URL | misa #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1772-4d3297cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2