‘蚊’の続き!
‘蚊’の続き!

昨日(2017年2月23日)のこの弊ブログに掲載した、これまで自身で撮影した‘蚊’の写真の続き・・・。

DSC_2249-7-2_201702250940377b7.jpg
DSC_2249-7-3_20170225094038d8d.jpg
DSC_2249-7-4_2017022509404093e.jpg
DSC_2249-7-5_201702250940420be.jpg
DSC_2253-7-2_20150922234243f5e_20170225094035337.jpg
DSC_2253-7-3_20150922234245e96_20170225094443cf6.jpg
DSC_2254-7-2_2017022509444556c.jpg
DSC_2254-7-3_20170225094442ab7.jpg
DSC_7162-2_20170225095804273.jpg
DSC_7162-3_20170225095806d23.jpg
DSC_7171-2_201702250958071de.jpg
DSC_7171-3_2017022509580948a.jpg
DSC_6725-2_201702251002337a7.jpg
DSC_7183-2_2017022510023968c.jpg
DSC_6739-2_2017022510023567e.jpg
DSC_6755-2_20170225100237aa0.jpg

「おや、おや、こりゃあ大変だ!」
「しかし、‘蚊’だって、何か地球にとって‘貢献’しているのじゃあないの?」

「一寸考えても我々凡人には、中々判り難いけど、‘プロの人’はこんな風に答えているらしい!」
「ほ、ほっ~!」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1327094848
害虫としてばかり有名な蚊ですが、生態系にどのような形で貢献しているのでしょう...
deleusienさん
2009/6/1007:08:11
Q:害虫としてばかり有名な蚊ですが、生態系にどのような形で貢献しているのでしょうか?

恐竜の時代から生き続けているということは、きっと生態系のバランスを保つのに多かれ少なかれ役に立っているのでは思うのですが、具体的にまるで思いつきません。
誰か御教授下さい。

共感した 0
閲覧数:1,093回答数:2お礼:25枚違反報告
..ベストアンサーに選ばれた回答
aldde1489さん
.2009/6/1102:38:40

A:どの生物も生態系に貢献するために生きているわけではありません。
捕食者、被食者または生産者の関係から自然と生物の数は限られてしまうのです(^^)
環境の変化や生物自体に変化がない限りバランスが崩れることはないのです。

さて、蚊の食物連鎖における立場ですが、ほとんどと言って良い程ピラミッドの下の方にいます。
幼虫(ボウフラ)時代には、藻類を含む微生物を食べて育っています。
そしてボウフラは他の水生昆虫や小さな魚などによって捕食されます。

蚊になってからはさらに周りは捕食者ばかりです。蚊のメスは血を吸いますが、人間を捕食しているわけではありません。
多くの昆虫(トンボ,クモ,カマキリなど)や鳥などにも食べられてしまう事があり、ついでに人間にはバチン!!とやられます。
こうして蚊も周りの生物に食べられることで一定の数を保っています。

一定のバランスを保っているとはいえ、蚊もゴキブリと同じように人間と共に数が増えてしまった事は認めざる得ないかもしれませんね。


「‘蚊’ってさ、恐竜の時代から生きていたなんて、知らなかったなあ!」
「だからさ、どなたからの‘コメント’にもあったように、‘先輩’を人間が滅多やたらに‘パシリッ!’なんて、とんでもないってこと!」

「反省してますっ!」
「よろしい、今度から気をつけたまえ!」

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/02/24 23:57] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<錦糸町界隈は、今! | ホーム | 越冬する‘蚊’!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1797-7735bb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2