竹の秋
竹は、不思議な植物である❗

何れ、この弊ブログでも、その全貌に迫りたいと思っているが、今やこの時期、竹にある変化が起きている。

'竹の秋'という季語がある❗秋と言っておきながら、'春の季語'なのである❗

この事から考えて見ても、竹が不思議な植物である事が解るのである。

「一般の草木は秋に黄ばむのに対し、
竹の古葉は春に黄ばむ」から、'竹の秋'は、春の季語だそうだ❗

先日も散歩の時に、注意して見ていると、なるほど❗と頷かされた❗

201705091157498f9.jpg
20170509115751261.jpg
201705091157517d0.jpg
201705091157532cb.jpg
2017050911575450b.jpg
20170509115756950.jpg
20170509115757336.jpg
2017050911575933d.jpg

この季語を使った俳句は、沢山あるのだが、秀逸は、以下の久保田万太郎の句である❗

竹の秋 道山科に 入りにけり

当然、山科が竹の名産地である事を知らない人には、何の事か解らない…。

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/05/09 12:12] | 言葉の威力 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<アボカドについて | ホーム | 山笑ふ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1836-8379f414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2