2017年9月9日の朝の月
少々前に、夜中の月は見た目には誠に美しいのだが、これを‘バカチョンカメラ方式’で、つまりカメラを月撮影用にセットしなくても‘美しい月’が撮影出来る方法を発見した!

夜中で空が真っ暗な時に見上げる月は、誠に素晴らしいのだが、‘ふつ~’に、これを撮影しようとしたら、いわゆる‘餅搗きしているウサギさん’を撮影するは不可能に近い!(私の場合、100%不可能)

2017年9月8~9日の月 002-2

昨日2017年9月8日20:57に撮影した月・・。


不可能な、その理由は割に簡単で、人間の目は簡単にコントラストを‘脳みそ’が調整してくれるのだが、カメラも私が持っているような安物のカメラでは、自動調整にしていたのでは、コントラストが強過ぎてウサギは撮れない!

では、では、どうすればお月様のウサギさんを簡単に撮影出来るのか?
答は既にこのブログでも出しているのだが、

「昼間の明るい時間帯に出ている月を」

バカチョン方式で撮影すれば事足りる!

ただし、好きな‘月齢’の月を撮影しようと思っても、それが昼間に見えるかどうかは、きちんと調査する必要がある、のである!

さて、さて、また前置きが長くなったが、今日、2017年9月9日の月齢は、以下の通り、‘18.4’であるから、満月を過ぎている!

Screenshot_20170909-102553.png
出典:http://www.benri.com/calendar/geturei_mini/201709.htm

今日2017年9月9日の朝方6:35に撮影した月齢18.4(時刻によって当然変化するが)の月のバカチョン方式写真が以下。

①12017年9月8~9日の月 009-3-2
②2017年9月8~9日の月 009-3-2
③2017年9月8~9日の月 009-3-6
④2017年9月8~9日の月 009-3-5
⑤2017年9月8~9日の月 009-3-3

と言う訳で、月写真撮影のプロではない私にとっては、極めて満足な画像なのだが、プロの方達にとっては、何の価値もない‘技術(疑術 or 偽術)’に違いない!

プロの写真とは、こんなものである!

moon_stl_l.jpg
出典:http://ryutao.main.jp/moon_stl_l.html

やはり、プロの腕( or カメラ?or カメラを操る技術)は違う!お見事!

私の撮った上から2枚目の写真と5枚目の写真を黒色にしてみたのが、次の画像!

②2017年9月8~9日の月 009-3-2-2
⑤2017年9月8~9日の月 009-3-3-2

「こっちの方が、見栄えが・・・」
「まあ、まあ、まあ!」

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/09/09 11:34] | 新発見! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<9月初旬の露 | ホーム | 槍ヶ岳を‘ドローン’で撮る!(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1903-bcd140bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2