2017年のコスモス
2017年9月15日の夕方の散歩道で見つけた‘コスモス’!

③DSC_2641-3
⑦DSC_2644-2
⑧DSC_2644-3

‘COSMOS’って知ってますか?」
「‘花の名前’と‘宇宙’ってこと?」

「おやおや、せ・い・か・い!」
「なんで、そんなご質問を?」

「いや、いや、‘花のコスモスが、何故宇宙’なのかに少々疑問があったものですから・・・」
「へ~っ、先生にも解らないことがあるんだっ!」

「そりゃあ、そうですよっ!」
「それで、それで?」

「語源は、‘ギリシャ語’だそうですねっ!」
「ほう、ほう・・・」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9
コスモスの語源[編集]

語源「コスモ」(cosmo)はギリシャ語の「宇宙」の「秩序」を意味する[2]、「コスモス」とはラテン語で星座の世界=秩序をもつ完結した世界体系としての宇宙の事である。 対義語は、混沌のカオス(ケイオス)。


「またこんな記事も・・・。」
「ほう、ほう]

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1220736572
space は空間の広がり
universe は観測可能なもの全てが網羅された全体像
cosmos は、そこに働く摂理・秩序

だから、NASAがスペースシャトルを打ち上げるのはspace
物理学者が興味の対象にするのはuniverseで、その中には研究の手段としてspaceを観測する人もいます。
ある種の思想家や宗教家なら立場上、universeとcosmosをほぼ同義に使うかもしれません。


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109733000
コスモス(cosmos)の語源は、ギリシャ語「Kosmos, Cosmos」(=「美しい」「秩序」)に由来します。 宇宙のことをcosmosと呼ぶのも同じ語源で、星々や花びらが整然と並ぶ様子の美しさを称えたものです。



「先生、房総半島・千葉県・茂原市近辺のコスモスも美しいですよっ!」
「‘美しい’が語源ですから・・・」

「まあ、屁理屈を!」
「す・み・ま・せ・ん!」

①DSC2640-2
②DSC_2641-2
④DSC_2642-2
⑤DSC_2642-3
⑥DSC_2642-4
⑨DSC_2643-2
⑩DSC_2643-3
⑪DSC_2645-2
⑫DSC_2645-3
⑬DSC_2645-4
⑭DSC_2646-2
⑮DSC_2646-3
⑯DSC_2646-4
⑰DSC_2647-2
⑱DSC_2647-3
⑲DSC_2647-4
⑳DSC_2649-2
21DSC_2649-4.jpg
22DSC_2649-3.jpg
23DSC_2651-2.jpg
24DSC_2652-2.jpg
25DSC_2650-3.jpg

「正に別世界の‘宇宙’ですナ!」
「花びらの中にも‘原子の宇宙’が・・・・・。」

(つづく)
スポンサーサイト
[2017/09/20 23:15] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< 稲の‘ひこばえ(蘖)は、今’ | ホーム | 万歩計のこの頃>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1912-6ef467fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2