FC2ブログ
砂場
‘砂場’というお蕎麦屋さんがある!

その名前の由来について調べてみようと思っていたが、ついつい忘れてしまってしまう。
何故か?
それは由来を知らないからといって、生活に差支えがないからである!

今年(2017年)の10月10日、虎ノ門の或る特許事務所で打ち合わせがあることになって、JR新橋駅から歩いて行くことにした。
そこで見たのが、あの評判のお蕎麦屋さんの‘砂場’さん!

新旧の‘対称’が余りにもはっきりしていて、これはこれで‘観光の目玉’になる!
外国人はきっと喜ぶに違いない!
日本人の私が「面白い!」と思うのだから・・・。

①DSC_3358-2
②DSC_3358-3
③DSC_3361-2
④DSC_3361-3
⑤DSC_3361-4
⑥DSC_3361-5

場所は、下の図の中央の‘虎ノ門砂場’というところ・・・。

map.jpg

http://www.kibati-kai.net/02kamei/kameiten/toranomon_sunaba/index.html
name.gif
 「砂場」ちょっと変わった名前ですが、大坂城築城の際に砂置き場で営業していたことに由来します。初代の女将ヨソは57、徳川家康と縁の深い武家、刈谷家の娘で、父は鍋島半の剣術指南役でした。
 東京の砂場本家とも言える糀町七丁目砂場に養女として預けられ、明治五年、虎ノ門大坂屋砂場として現在の地に店を構えました。
 当店は創業当初、幕末、明治の剣術家の山岡鉄舟らにひいきにされ、家宝の書も残されています。
 現在の店舗は大正十二年、関東大震災直前に普請されたもので、ビルの立ち並ぶオフィス街における、都会のオアシスとして皆様に愛されています。

hitokoto.gif
当店は、地下鉄銀座線虎ノ門駅近くに位置する蕎麦屋で、大正時代の建物です。蕎麦は甘味と香りの強さに惹かれ北海道産蕎麦粉を使用、季節折々の変わり蕎麦も有ります。酒肴は定番の玉子焼き、焼き鳥に始まり、アスパラ豆腐、穴子サラダなど、天種はソラマメと百合根の天種など季節物各種、酒は田酒、磯自慢 愛山、手取川など18種類ご用意しています。落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとお楽しみ下さい。お待ち申しあげます。


江戸前そばの御三家は、「藪」「更科」「砂場」という。
この詳細は別途このブログで・・・。

(つづく)
スポンサーサイト



[2017/10/14 22:31] | 言葉の威力 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<岡山の駅弁・桃太郎の‘祭りずし’! | ホーム | 四国・新居浜の太鼓祭り、目前!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1926-495cc34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2