FC2ブログ
植物の葉っぱ(その2)
前回は、どうやら植物の‘葉っぱ’には、3種類ありそうだ、と書かせてもらった。

① (超)撥水性
② 親水性
③ その中間


の葉っぱがある!

前回は、その内の「① (超)撥水性」について書かせて貰ったので、このブログの前々回をご参照あれ!

本日は、② 親水性について

簡単に言えば、‘濡れてしまう’葉っぱのことである!

雨が降っても、その水分を丸で吸収しているような感じに見えるのである!

この葉っぱは、‘柏葉アジサイ(紫陽花)’の葉っぱである。

①DSC_3467-2
②DSC_3468-2
③DSC_3468-3

「どうですか!しっとり濡れているでしょう!」
「これが‘親水性’ってこと?」

「でもこの‘柏葉アジサイの葉っぱ’は、何故表面を‘親水性’にしているのでしょうか?」
「さ~、そりゃあ、‘柏葉アジサイ’に聞いてみては?」

「下の写真の‘蜘蛛の巣’の超撥水性とは比べ物にならないでしょう!」
「そうですナ!」

④DSC_3469-2
⑤DSC_3469-3

「‘親水性’について、もう少し‘解説’を!」

‘親水性’を理解しようとすると、次のような基礎知識がいるらしい!

https://www.science-t.com/st/cont/id/27442
1.濡れ現象の基礎
  1.1 材料の濡れと表面張力、表面自由エネルギー
  1.2 濡れ性と水滴接触角
  1.3 分散力因子と極性因子から読み解く濡れ
  1.4 Fowkes式と等接触角線
  1.5 臨界表面張力
  1.6 動的濡れ性

2.濡れ性への影響因子
  2.1 表面の化学構造と濡れ性
  2.2 表面の微細構造と濡れ性
  2.3 Cassie-BaxterモデルとWenzelモデル
  2.4 超撥水材料


「やはり、‘表面の微細構造と濡れ性’を知ることが根本的な基礎知識のようですナ!」
「やっぱり、そう簡単ではなさそう!」

(つづく)
スポンサーサイト



[2017/10/30 21:38] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<車のナンバー | ホーム | 必死の蚊!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1939-b384ff11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2