FC2ブログ
謹賀新年!
今日は、2018年1月1日である。

少し昔、年賀状に「金が信念」と書いて‘顰蹙(ひんしゅく)’を買ったことがある・・・。
年賀状も昨年早々に書き上げていたので、今年の元旦は悠々たる気分であった。

天気も良いし、子供達孫達も帰省していたので、例年通り、千葉県では一寸は有名な茂原市の‘橘樹神社’へ初詣に行った!
8人でおみくじを引いたが、5人が大吉、1人が中吉、2人が末吉という結果だった!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%98%E6%A8%B9%E7%A5%9E
%E7%A4%BE_(%E8%8C%82%E5%8E%9F%E5%B8%82)

橘樹神社(たちばなじんじゃ)は、千葉県茂原市本納にある神社。式内社、上総国二宮で、旧社格は県社。神紋は「橘」。

古くは「橘神社」・「橘木神社」とも記された。現在は「橘樹」の2字で「たちばな」と読む。

祭神[編集]
主祭神

弟橘比売命 (おとたちばなひめのみこと)
相殿神

日本武尊 (やまとたけるのみこと) - 弟橘比売命の夫。
忍山宿禰 (おしやまのすくね) - 弟橘比売命の父。

歴史[編集]

概史[編集]
社伝では、日本武尊が東征した際、相模から上総へ渡ろうとした時に海上で暴風に遭った。弟橘媛が海に身を投じて日本武尊の難を救ったことから、日本武尊が弟橘媛の御陵を作り、弟橘媛の櫛を納めて、橘の木を植えて祀ったのに始まると伝える。『古事記』には「七日の後、その后の櫛海辺に依りき。すなはちその櫛を取りて御陵を作り治め置きき。」[1]とあり、これが当社のことであるという。また『日本書紀』では、「さらに相模においでになって、上総に渡ろうとされた。海を望まれて大言壮語して、こんな小さい海、飛び上ってでも渡ることができよう、と言われた。(中略) こうして、日本武尊は上総より転じて陸奥国に入られた。そのとき大きな鏡を船に掲げて、海路をとって葦浦(鴨川市吉浦)を廻り玉浦(九十九里浜)を横切って蝦夷の支配地に入られた。」[2]とあり、この時祀られたのが由来とされる。

国史の初見は、『日本三代実録』元慶元年(877年)5月17日条、従五位勲五等の橘樹神に正五位下の神階を授けるという記述である。元慶8年(884年)7月15日、正五位上の神階が授けられ、日本武尊・忍山宿禰が合祀された。『延喜式』神名帳には上総国長柄郡に「橘神社」と記載され、式内社に列している。

中世には当社周辺に社領・橘木荘(のち二宮荘)を有した。延宝8年(1681年)には正一位が授けられたという。

明治6年(1873年)近代社格制度において県社に列した。


①DSC_4695-2
DSC_4649 (1)-2
DSC_4651 (1)-2
DSC_4652 (1)-2
DSC_4661-2.jpg
DSC_4664-2.jpg

この樹が橘、そして下の写真のみかんが橘みかん・・・。

DSC_4665-2.jpg
DSC_4665-3.jpg
DSC_4667-2.jpg
DSC_4670-2.jpg
DSC_4671-2.jpg
DSC_4677-2.jpg
DSC_4677-3.jpg
DSC_4677-4.jpg

これが、橘の家紋・・。

DSC_4678-2.jpg
DSC_4690-2_20180102002457ad1.jpg

この‘大吉’のおみくじの文句に、「・・・神信すれば 龍の風や雲を得て天に昇るように・・・」とある。
実は、昨年の12月26日に、以下の写真の‘龍の雲’を見ていた。この時何かの因果関係を感じていたのだが・・・。

DSC_4610 (1)-2

さあ、2018年の始まりである!

(つづく)
スポンサーサイト



[2018/01/01 23:23] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2018年1月2日の満月 | ホーム | 大晦日に都心に初雪!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/1981-c303fbfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2