FC2ブログ
小沢新党について
2012年7月11日、小沢新党が結成された。

本日(7月12日)の朝日新聞は、一面左隅に次のような記事を掲載している。

番組表0001

「‘国民の生活が第一’党」というそうだ。

このドタバタで出来た結党茶番劇についての昨日のNHKの中継を時系列で記録に残しておきたい。
なお、以下の写真は全て、NHKのTV画面をカメラで撮影したものである。

画像ー18 009-2
画像ー18 009-2 posted by (C)mobaradesu

午後6:02、小沢氏ら 新党の党名 まもなく発表へ とある。
この時点では、まだ党首が誰になるのかは決まっていなかったので、小沢氏も一寸真剣な顔をしている。

画像ー18 025-2
画像ー18 025-2 posted by (C)mobaradesu

午後6:05、党首へ小沢氏が推薦され‘満場一致’で党首になった瞬間である。

画像ー18 023-2
画像ー18 023-2 posted by (C)mobaradesu

一つ上の写真とほとんど同時刻の参加議員の表情である。

画像ー18 028-2
画像ー18 028-2 posted by (C)mobaradesu

午後6;06に壇上に上がった。本人は万感の思いがあったのだろう、少し照れ笑いもしている。

画像ー18 030-2
画像ー18 030-2 posted by (C)mobaradesu

それから直ぐに演説が始まった。これが、午後6:07

画像ー18 039-2
画像ー18 039-2 posted by (C)mobaradesu

その後、この写真にあるように‘たった一度だけ顔を上げた’といってもいい程、‘演説は全て原稿を読んでいる’!

画像ー18 042-2
画像ー18 042-2 posted by (C)mobaradesu

やっと、新党の名称が発表となった。「国民の生活が第一」午後6:10

画像ー18 043-2
画像ー18 043-2 posted by (C)mobaradesu

その後も演説は続いたが、やはり原稿を読むだけの迫力に欠ける語り口である。午後6:10。原稿が中々見えづらいらしい。

画像ー18 049-2
画像ー18 049-2 posted by (C)mobaradesu

午後6:11。まだ、原稿を読んでいる。

画像ー18 052-2
画像ー18 052-2 posted by (C)mobaradesu

午後6:12。やっと演説が終わったが、最後の最後まで‘原稿を読む’という小学生並の演説では、これだけで説得力に欠ける。

国民の大半が‘大丈夫?!’と思ったに違いない。

田中角栄元首相やオバマ大統領は決して原稿は読まなかったし、読まない!

角栄
http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E4%B8%AD%
E8%A7%92%E6%A0%84%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%82%92%E5%8B%95
%E3%81%8B%E3%81%99%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%8
1%E8%A1%93-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%83%97%E3%83
%A9%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E6%9
6%87%E5%BA%AB-%E5%B0%8F%E6%9E%97-%E5%90%89%E5%BC%A5/
dp/4062566915

田中角栄元首相

オバマ大統領
http://protocolosgatunos.blogspot.jp/2010_08_01_archive.html
オバマ大統領

このドタバタ結党騒ぎの本質は、何処にあるのだろうか?

私は次のように思っている。時間が経つと忘れてしまうことがあるので、書き留めておきたい。

① 小沢氏一派は、自分達が‘民主党の本流’だという。そうかもしれない。
 ‘それだったら、小沢一派以外を民主党から追い出せばいい’

② 国民の支持があった‘原点’に戻りたいという。
 ‘でも、あれは国民を騙した見せかけの票を得んがためのマニフェストだったのと違うのか?もう一回騙そうと  いうのだろうか?’ 

③ 衆参両議院議員の‘離党届’を持って、今回の新党の代表代行たる山岡賢次氏が、‘梅干しの種’の異名をとる輿石民主党幹事長室へ歩いていた姿がTVで写し出された。その時、どうやら名簿の確認を小沢氏も山岡氏もしていなかったと見えて、提出名簿から2名の‘離脱者’が出るというお粗末さ。こんな人達に国会議員が任されるか!の感が強い。

④ 石原東京都知事は、「小沢氏と組むか?」の質問に、「生理的に受け付けない!」と答えている。人間の好き嫌いとは全く厄介なものである。同じことを発言したとしても、好きな人が発言すれば賛成するし、嫌いな奴が発言すれば絶対に賛成しない。

⑤ 「国民の生活が第一」というが、私には、「自分の生活が第一」としか聞こえない!

⑥ 衆議院解散で何人がこの政党から当選するか?私の読みは、1/10以下。現在37名だから、3名。当然代表の小沢一郎氏も代表代行の山岡賢次氏も落選。そんなに国民は甘くない!

日本の政治家のレベルの低さが全世界に知れ渡った一日だった。































スポンサーサイト



[2012/07/12 14:35] | 政治と社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大相撲の‘体たらく’は? | ホーム | 我が家の家庭菜園初収穫と蜘蛛の巣>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/200-451c9826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2