FC2ブログ
‘チバリーヒルズ’の春は・・・
2018年2月19日、春近しの陽気に誘われて、千葉市の「創造の杜公園」から「チバリーヒルズ」へ足を延ばした!

さて、その「チバリーヒルズ」とは?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119435531
Q:チバリーヒルズって、千葉のどこにあるのでしょうか? 千葉の高級住宅街ですか?

chibaapplecatさん2008/9/2523:04:08
チバリーヒルズって、千葉のどこにあるのでしょうか?
千葉の高級住宅街ですか?

共感した 4
閲覧数:74,423 回答数:3 違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答
kiyokutadasikutsutsumasikuさん 2008/9/2523:11:13
A:千葉のゴーストタウンです。

<開発者である東急不動産を抗議するページから>

東急不動産は千葉の恥、バブルの象徴と呼ばれるチバリーヒルズ(千葉リーヒルズ、ワンハンドレッドヒルズONE HUNDRED HILLS)の売主である。東急不動産がバブルの波に乗って、千葉市緑区あすみが丘に作った幻の高級住宅街である。チバリーヒルズは勿論、ロスアンジェルス近郊のビバリーヒルズをもじったもの。

バブル期の1989年に一軒5億〜15億円もする超高級の土地付き一戸建て住宅(土地が500-1000坪、延べ床面積130-150坪)が売り出された。60戸の計画だったが、建ったのは49戸で、売れたのは24戸のみであった。都心に遠過ぎること、バブル期とはいえ、あまりに価格が高過ぎたことが、その理由である。バブル崩壊でますます売れず、残りの住宅着工もストップし、売り出しPRもしていない。廃墟、超高級ゴーストタウン、バブル遺跡とまで呼ぶ人もいる。
チバリーヒルズへの行き方はJR外房線土気駅(トケ)で下車し、千葉中央バス「あすみが丘南」行きに乗り、「創造の杜」バス停で下車する。主のいない豪邸の前で門番が所在なさげに立っている。ローンが払えず金融機関に差し押さえられた邸宅、競売にかけられた邸宅もある。入居中なのは数戸で、多くは別荘や会社の保養施設になっている(「チバリーヒルズ」朝日新聞2000年1月23日)。
しばらく「For Sale」の看板が立ち並んでいたが、売却の目処が立たないためか、今ではその看板も取り外された。たまに冷やかしの見学者が訪れるのか、「家の見学はお断りします」の看板が目立つ。人の住まない家の哀れさで、雑草が生い茂っている。東急リバブル住宅営業本部は「買い替えを望んでいる人もいるが、取引は一件も成立しません」と話す(「チバリーヒルズ 住宅悪環境に出口なし」産経新聞1995年7月28日)。
何もかも人工的な自然がヤラセのようで、公園や歩道、コミュニティーデザインは気味悪い。その仕掛けに住民が従って、人が集まるコミュニティーができているならともかく、人っ子一人いないような場所も多くみられ、人工的な自然の廃墟化には酷いものがある。東急不動産は2000年春から売れ残り物件を、バブル期の約三割程度の価格に大幅値下げして販売を再開した(「「郊外居住の復権目指す」 高級住宅街に法政大が開校」朝日新聞2000年4月14日)。
同社は「現在の市場の適正価格とした」と説明する(「「ワンハンドレッドヒルズ」、大幅値下げし再販売」朝日新聞2000年4月07日)。原価でも売れない悲惨な物件の象徴であることは間違いない。
1997年5月末には、警備態勢に不満を抱く住民2人と法人2社が東急不動産を相手に売買代金の一部返還を求める訴えを東京地裁に起こした。


一戸平均10億円だとすると、約50戸だから、締めて約500憶円也という高級住宅ゴーストタウンだという!

誰でも入ることが出来るし、芝生等も案外綺麗に整備されているので、「ゴーストタウン」というイメージはない!

DSC_5165-2_20180302184131949.jpg
DSC_5166-2.jpg

こうやって、「創造の杜」の交差点を渡ると「チバリーヒルズ」である!

DSC_5167-2.jpg
DSC_5167-3.jpg
DSC_5168-2.jpg
DSC_5169-2.jpg
DSC_5170-2.jpg
DSC_5170-3.jpg

以下の写真にあるように、こうやって今でも芝生の草刈りが行われていた!

DSC_5171-2.jpg
DSC_5172-2.jpg
DSC_5172-3.jpg
DSC_5175-2.jpg
DSC_5175-3.jpg
DSC_5175-4.jpg
DSC_5179-2.jpg
DSC_5179-3.jpg
DSC_5179-4.jpg
DSC_5179-6.jpg

上述の通り、築30年近いのだが、そんなに‘安普請’ではないのであろう、見かけはご立派である!

ここを散歩すると、我々貧乏人でも、何となく‘お金持ち’になったような気分になるから不思議である!

しかし、ほとんど誰とも会わないから、やっぱり「ゴーストタウン」の気分である!ここの春はまだまだ遠い気がした!

(つづく)
スポンサーサイト



[2018/03/03 23:05] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<余り見たことのない電車の風景? | ホーム | 千葉市・‘創造の杜’の春>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2033-7c3628a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2