FC2ブログ
我が家の家庭菜園異変
家庭菜園 作業を実行していると、いろいろなことが起こる。

今朝も、朝早く(6時ごろ)菜園の傍の川を覗いてみたら、何やら‘魚のかたまり’が見える。

画像ー19 025
画像ー19 025 posted by (C)mobaradesu

肉眼でもどんな魚の集まりかがはっきりしないので、望遠で撮影してみた。
それが下の写真である。

画像ー19 027
画像ー19 027 posted by (C)mobaradesu

これでは、やっぱり判らない。
ところが、近頃のPCのソフトは実に素晴らしい。画像の‘明るさ’と‘コントラスト’及び‘中間トーン’の調整をすれば、上の画像がはっきりしてくる。

下の写真が、その処理後である。

画像ー19 027-2
画像ー19 027-2 posted by (C)mobaradesu

まるでTVドラマに出て来る‘科捜研’のスタッフが処理すれば、防犯カメラのピンボケ写真が、一瞬にして‘犯人の顔’をくっきりとした画面に処理をするようなものである。

ただし、これでも魚の種類は判りにくい。何枚も処理してみた。その内のやっと一枚で何とか判りやすそうなのが次の写真である。

画像ー19 012-2
画像ー19 012-2 posted by (C)mobaradesu

これを部分拡大したのが次の写真である。

画像ー19 012-2-2
画像ー19 012-2-2 posted by (C)mobaradesu

ここまで拡大すると、もうこの魚の集団が‘鯉’であることが判る。一つの集団にはどうやら50~60匹いるらしい。

そして、このような集団が、実は、3つも4つもいた。この小川のたった15mくらいの間にである。

現時点では、一匹の‘体長’は、目測でおよそ10cm程度である。

普段でも‘体長’50~60cmの成魚の鯉がうろうろしている。

この小川は、平常時水深約50cmである。30m先に‘赤目川’という幅8~10mの川に繋がっていて海岸まで約5~6kmのところにあるため潮の干満に多少敏感である。

さて、この写真撮影に夢中になっていると、カミサンが‘また、蛇が出た!’と叫んでいる。

朝の6時半ごろ、蚊に喰われながら蛇を撮影した。これは菜園の中ではなく菜園の外の庭の中である。

いたいた!

画像ー19 041
画像ー19 041 posted by (C)mobaradesu

中央部に対角線上に左下から右上へ写っている。これも望遠で撮ってみると、

画像ー19 044
画像ー19 044 posted by (C)mobaradesu

拡大して見る。

画像ー19 046
画像ー19 046 posted by (C)mobaradesu

赤い舌を‘ペロペロ’出している! 体長 約1.5m。余り気色の良いものではない。
暫らくしたら、隣の畑へ逃げ込んでいった。隣に知らせようとは思ったが、朝の6時半である。眠りを起こすまでもないという訳でそのままにした。また、出てくれば誰かが気付くに違いない。

そんな訳で、カミサンが菜園にも蛇がいるかもしれないので、きゅうりを採って来てくれという。

画像ー19 048
画像ー19 048 posted by (C)mobaradesu

かなり大きくなっている。

我が家では、このようにきゅうりは‘大きくなるまで待って’から収穫する。種も美味い。

画像ー19 053
画像ー19 053 posted by (C)mobaradesu

約30cm程である。蛇が出たから、‘ヘビー級’になった、などという‘オヤジギャグ’を朝から言うつもりもないが、鯉といい、蛇といい、ヘビー級のきゅうり(へびーきゅうり)といい、田舎の朝の菜園は話題が多い。


































スポンサーサイト



[2012/07/18 07:20] | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<政権の行方と日本の政治:政党政治の崩壊(その1) | ホーム | 珍品シリーズ(その1):蒟蒻しゃぼん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/205-bebecfa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2