FC2ブログ
桜田門の桜だもん!(その4)
とうとう、千鳥ヶ淵まで行かなくても、見事な桜満開に出会いました!

「ところで、‘桜満開’って、何分咲きのこと、って知ってます?」
「うんにゃあ・・」

「まあ、聞く方がアホでした!」
「むっ?」

http://www.jma-net.go.jp/kanazawa/mame/sakura/sakura.html
お天気まめ知識

桜の開花と満開について
さくら
季節の変化にあわせて、動物が姿を見せたり、植物が芽吹いたりする様々な現象の観測を「生物季節観測」といいます。
気象台では数多くの動植物の観測を行っています。
(→生物季節観測の記録)
 その中でも、桜の開花と満開は春を告げる晴れやかな指標となり、お花見などの行楽ともあわせて、非常に高い関心が寄せられています。

金沢の桜の標本木
桜の開花・満開の観測は、一本のソメイヨシノの木を標本木として選定し、毎年おなじ木で、開花や満開の状況を観測しています。
 金沢では気象台の構内(駅西合同庁舎)にある木を標本木として定め、継続して観測をしています。

開花~満開
さくらの開花とは、標本木のつぼみのうち、5~6輪の花が咲いた状態をいいます。
満開は、全体の花芽の80%以上の花が咲いた状態をいいます。
 桜の花が開花してから満開になるまでは、数日から1週間程度かかります。


と言う訳で、桜田門に近い、御堀端の桜が、今(2018年3月27日)や満開!・・・。

DSC_5633-2.jpg
DSC_5633-3.jpg
DSC_5633-4.jpg
DSC_5634-2_20180406100409a83.jpg
DSC_5634-3.jpg
DSC_5634-4.jpg
DSC_5638-2_2018040610572840e.jpg
DSC_5638-3.jpg
DSC_5638-4.jpg
DSC_5639-2_20180406105733ba6.jpg
DSC_5639-3.jpg
DSC_5639-4.jpg
DSC_5639-5.jpg
DSC_5640-2_201804061057401fc.jpg

これでもか、これでもか、の桜満開の画像です!

(つづく)
スポンサーサイト



[2018/04/08 23:37] | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<桜田門の桜だもん!(その5) | ホーム | 桜田門の桜だもん!(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2058-bd1908aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2