FC2ブログ
お隣のボケの花が・・・
ボケの花とは判っていても、名前の由来を知っている人はほとんどいない!


ボケ(木瓜、学名: Chaenomeles speciosa)は、バラ科ボケ属の落葉低木。果実が瓜に似ており、木になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛(てんか)したとも、「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」に転訛したとも言われる。

学名のspeciosaは、「美しい」、「華やか」、Chaenomelesは「chaino(大きく裂けた)+melon(リンゴ)」が語源だが、現実に実は裂けないので、勘違いしてつけられた属名だと思われる。

日本に自生するボケは、クサボケといわれる同属の植物。

形態・生態
樹高は1 - 2m。若枝は褐色の毛があり、古くなると灰黒色。樹皮は縦に浅く裂け、小枝は刺となっている。

葉は長楕円形・楕円形。長さ5 - 9cmで、鋭頭でまれに鈍頭。基部はくさび形で細鋭鋸歯縁。

花は3 - 4月に葉よりも先に開く。短枝の脇に数個つき、径2.5 - 3.5cm。色は基本的に淡紅、緋紅。白と紅の斑、白などがある。

分類(APG III)
界 : 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I Eurosids I
目 : バラ目 Rosales
科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : サクラ亜科 Amygdaloideae
連 : リンゴ連 Maleae
属 : ボケ属 Chaenomeles
種 : ボケ Chaenomeles speciosa
学名
Chaenomeles speciosa
(Sweet) Nakai[1]
シノニム
Chaenomeles lagenaria Koidz.[2]

英名
flowering quince


2018年4月5日に撮影した、お隣の‘Yさんち’のボケの花が、これ・・・。

DSC_5745-2.jpg
DSC_5746-2.jpg
DSC_5747-2.jpg
DSC_5747-3.jpg
DSC_5747-4.jpg
DSC_5748-2_20180414202138c49.jpg
DSC_5748-3_20180414202424edf.jpg
DSC_5748-4_2018041420242586a.jpg
DSC_5748-5_20180414202427662.jpg
DSC_5748-6_20180414202428014.jpg

因みに、‘リンゴの花’の写真を・・・

出典:https://pixabay.com/ja/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%81%AE%E8%8A%B1
-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%81%AE%E6%9C%A8-%E8%8A%B1-%E6%9E
%9C%E6%A8%B9%E5%9C%92-%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94%E3%81%AE%E6%9C
%A8%E3%81%AE%E8%8A%B1-694721/


apple-blossom-694721_960_720-2.jpg
apple-blossom-694721_960_720-3.jpg

さて、似ているのだろうか?

(つづく)
スポンサーサイト



[2018/04/15 23:21] | 観察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<久々の常磐線(その1) | ホーム | 借景の梅は、実をつけたの?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2065-f270f59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2