FC2ブログ
オオキンケイギクの季節
今年も「オオキンケイギク」の季節がやって来た!

日本においては、この植物には色々問題があるらしいが、この「オオキンケイギク」には何の罪もないはずなのだろうに・・・?

先ずは、我が家の直ぐ傍に咲き始めた画像から・・・。

<2018年5月10日8:30頃>

DSC_7415-2.jpg
DSC_7416-2.jpg
DSC_7417-2_20180512002825667.jpg
DSC_7417-3_201805120028276f3.jpg
DSC_7419-2.jpg
DSC_7419-3.jpg
DSC_7422-2.jpg
DSC_7423-3.jpg
DSC_7423-2.jpg

さて、この「オオキンケイギク」の不幸とは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%A
D%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%82%AF

オオキンケイギク

分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : キク目 Asterales
科 : キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
属 : ハルシャギク属 Coreopsis
種 : オオキンケイギク C. lanceolata
学名
Coreopsis lanceolata L.
和名
オオキンケイギク(大金鶏菊)
英名
Lance-leaved coreopsis

オオキンケイギク(大金鶏菊、学名:Coreopsis lanceolata)はキク科の植物の一種で、黄色い花を咲かせる。北アメリカ原産の宿根草で、日本ではワイルドフラワーに利用されていたが、外来種として野外に定着して問題となり、現在は栽培が禁止されている[1]。

分布
北アメリカを原産地とする[2]。文字色

日本、台湾、オーストラリア、ニュージーランド、サウジアラビア、南アメリカなどに移入分布する[3]。

特徴
キバナコスモスによく似ているが、葉の形が異なる(本種は狭倒披針形であるが、キバナコスモスは羽状深裂に似た形)。また、キバナコスモスのほうが花の色が濃い。

高さは0.3~0.7m程度。花期は5 - 7月頃で、頭状花、虫媒花。黄色の舌状花の先は4-5裂する。痩果をつける[3] [4]。

道端や河原、土手などに生育する。種子生産量は1平方メートルあたり3000-5000粒といわれている[5]。

外来種問題
日本には1880年代に鑑賞目的で導入された[2]。繁殖力が強く、荒地でも生育できるため、緑化などに利用されてきた。河川敷や道端の一面を美しい黄色の花々で彩る本種は、緑化植物としても観賞植物としても非常に好まれた[5]。しかし、カワラナデシコなどの在来種に悪影響を与える恐れが指摘され、2006年に外来生物法に基づき特定外来生物として栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止された[2]。また、日本生態学会により日本の侵略的外来種ワースト100に選定された。河原植生への本種の侵入がよく注目されるが、低木林や高木林など自然度の高い環境にも侵入・定着が可能だといわれており、河川植生の遷移が進行し森林化しても本種は残存し続けるものと考えられる[6]。

特定外来生物の指定を受けてからは駆除が行われている例もある[7][8]。本種に限ったことではないが、緑化などの目的で野外に外来種を植えることは自然環境保全上あまり好ましいことではない[2]。


これから一ケ月間以上楽しめるはずなのに・・・。

(つづく)
スポンサーサイト
[2018/05/11 23:56] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今年(2018年)の紫陽花 | ホーム | 田植えと夕陽>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2086-de191383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2