FC2ブログ
中秋の名月 2018
今年(2018年)の中秋の名月日は今日・9月24日だそうである!

今年の天候は「異常気候」であるため、果たして拝めるであろうかと心配だったが、ここ千葉県茂原市の我が家付近からは、見事に観察出来た!


<2018年9月24日18:17>まだ気配はないが、雲が切れている!
DSCN0397-2.jpg

<2018年9月24日18:45>出てきた!
DSCN0403-2_201809241943466b4.jpg
DSCN0403-3.jpg

<2018年9月24日19:30>
DSCN0405-2.jpg
DSCN0406-2.jpg
DSCN0406-3.jpg

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/09-topics03.html
お月見を楽しもう!
今年の中秋の名月は、9月24日です。

「中秋の名月」とは、太陰太陽暦(注)の8月15日の夜に見える月のことを指します。中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。

今年は9月24日が中秋の名月、翌日の9月25日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。

太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になります。今年は9月10日(新月の瞬間は3時01分)が太陰太陽暦の8月1日、9月24日が太陰太陽暦の8月15日となります。一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間(月が太陽の光を真正面から受けて、地球からまん丸に見える瞬間)の月のことを指します。今回は、9月25日11時52分に満月の瞬間を迎えます。

今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。詳しくは、国立天文台暦計算室の暦wiki「名月必ずしも満月ならず」をお読みください。

満月前後の月はとても明るく、見ごたえがあります。晴れていれば、今年も美しい中秋の名月を楽しむことができるでしょう。また、太陰太陽暦の9月13日の夜を「十三夜」と呼び、日本ではその夜にもお月見をする習慣があります。十三夜は、「後(のち)の月」「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。今年の十三夜は、10月21日です。


(つづく)
スポンサーサイト



[2018/09/24 19:58] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お隣りの「金木犀」が・・・ | ホーム | 最近の血圧>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2165-a978a9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2