FC2ブログ
長柄ダム(市津湖)の近況(その2)
長柄ダム(市津湖)の近況(その2)

DSC_9771-2.jpg
DSC_9772-2.jpg

長柄ダム(市津湖)のデータは以下の通り・・・。

Screenshot_20181026-071842.png
出展:グーグルマップ

0679ZM01A.jpg
出典:http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0679

s02081_20181113115717822.jpg
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm

nagagaramap_20181113115716547.gif
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm


https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm
長柄ダム:房総導水路にある2つのダムのうちの1つです。

長柄ダムは、昭和60年(1985年)に完成しました。このダムはコンクリートではなく土を盛り上げて作られたアースダムです。

房総導水路を流れてきた水はこの長柄ダムで貯えられるのです。

ダムの高さは52m、長さは250mで、満水になった時には、水面は海抜75.1mに達します。  
  総貯水量は1,000万m3で、このタイプでは国内最大級のダムとなります。  
         
  ● ダム周辺案内 ●  
     
  長柄ダムによって生まれた湖は「市津湖(しづこ)」と名付けられ、周りに4.4キロメートルの周遊道や、「杉の子」「竹の子」「どんぐり子」という3つの遊びのステーションがあります。

139676544960617060227_nagae2_20181113121348933.jpg
出典:https://hakuzou.at.webry.info/201404/article_3.html

また、湖のほとりには長柄自然休養村があり、観光農園、キャンプ場、小動物園、プール、テニスコートなどがあります。緑いっぱいの自然の中で、気分をリフレッシュできます。




さて、最も大事な「インフラ」としての長柄ダムに関して、

その「房総導水路」の外観とその断面が以下の通り!

dousuimap_20181114061502f29.gif
出典:http://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s02.htm

dousuiani2_20181113121349af5.gif
出典:https://www.water.go.jp/kanto/bouso/02dousuiro/s0208.htm

さて、これから「4.4キロメートルの周遊道」を歩いて・・・。

果たして「狂い咲きの桜」は?

DSC_9773-2.jpg

「あった、あった!」

DSC_9775-2.jpg
DSC_9775-3.jpg
DSC_9776-2.jpg
DSC_9777-2.jpg
DSC_9779-2.jpg
DSC_9779-3.jpg
DSC_9779-4.jpg
DSC_9782-2.jpg
DSC_9783-2.jpg
DSC_9784-2.jpg
DSC_9785-2.jpg
DSC_9785-3.jpg
DSC_9785-4.jpg

ちらほらであるが、「狂い咲きの桜」が、あった!

(つづく)
スポンサーサイト



[2018/11/14 06:01] | 国土改造 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<長柄ダム(市津湖)の近況(その3) | ホーム | 長柄ダム(市津湖)の近況(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2215-af25cff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2