FC2ブログ
私の節電・熱中症対策
今夏の暑さは只者ではない。

猛暑の日 が例年になく多い。北海道まで猛暑日が続く年はそんなに例は無いと思う。

原発の再稼働で政府はこの夏の電力を確保したいと言うが、本当に地震・津波対策は大丈夫なのだろうか?
政府は、‘東日本大震災’のような大地震はそう頻繁には起こらないだろうという、謂わばど素人推察での判断だろうと思われる。

‘気違いに刃物’とまでは言わないが、これ程専門家の意見を無視する政権も少ない。

それではと、心ある人々は‘政府が聞く耳を持たない’のなら、‘節電、節電、節電’で、「ほら、原発いらないでしょう!」ということの証拠固めのために、節電を法人・個人が実行し始めた。

それに肖って、我が家でも今年はまだ‘クーラー’を一度も使用していない。

NKHだって、民放だって、「熱中症対策としては、‘クーラー’を使用したり、こまめな水分補給を・・・」と言い出した。なんだか申し訳なさそうに・・・。

そりゃあそうでしょう!彼等は、これまでは、「節電のためには出来るだけ‘クーラー’は使わないで・・・」と言ってきたが、これだけ家の中に居ても熱中症に罹る人が出たのでは、そうも言えなくなってしまったのだろう。

そこで考え付いたのが、次に述べる「私の節電・熱中症対策」である。

答えは極めて簡単!


「お風呂場を書斎にする」ことである。

画像ー24 028
画像ー24 028 posted by (C)mobaradesu

水風呂に入って‘本を読んだり、ブログを書いたり’すればいい。

画像ー24 029
画像ー24 029 posted by (C)mobaradesu

‘水風呂書斎’は、当然昼間の暑い時間帯に使うから、外の光で十分明るいので、‘電気照明’は必要ない。

そして、細かい話で申し訳ないが、一時間も水風呂に浸かっていると、‘体温’により風呂水の温度が、多分2~3℃は上がるのではないかと思われる。

‘お湯が沸く’ところまで行くことは当然ないが、これで少しは‘灯油代’が助かる(?)というものである!

実際に試してみると、実に爽快!

一時間も水風呂に入っていると、極めて体調が良くなり、その後暑い部屋に戻っても一時間ぐらいは暑さをそう感じないで過ごせる。

一日に、2~3回これを繰り返せば、今年の夏は「節電・熱中症」対策は、多分十分だろう。
























スポンサーサイト



[2012/07/30 06:50] | 政治と社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<砂の彫刻美術展 | ホーム | 私の散歩道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/222-d49b0e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2