FC2ブログ
季節外れの植物!:アカツメクサ( red clover )
季節外れの植物!:アカツメクサ( red clover )

今年(2018年)は、正に「異常気象」の年である!

この弊ブログでも紹介したが、全国的には「ソメイヨシノ」が、台風24号による「葉っぱ落とし」の影響で、秋に開花する例があったし、我が家の庭に11月に「雪柳」が咲いたりした!

この所目につくのは、散歩の途中に、自棄に元気よく「アカツメクサ(赤詰草)」が咲いていて、葉っぱが瑞々しいのである!

<2018年11月20日午後>

場所:千葉県茂原市の「赤目川土手」

① 季節外れ(通常は5月~8月)の「アカツメクサ」が勢いよく咲いている!
② このクローバーの緑も鮮やかである!
③ 秋の象徴の「ススキ」などとと同居している!

DSC_1361-2_20181122112820f12.jpg
DSC_1361-3_2018112211282333f.jpg
DSC_1358 (1)-2
DSC_1359-2_201811221128185e6.jpg
DSC_1360-2_2018112211281906b.jpg
DSC_1362-2_201811221128243ed.jpg
DSC_1362-3.jpg
DSC_1363-2_20181122112827b6c.jpg
DSC_1363-3_20181122112829f7b.jpg
DSC_1367-2_20181122112830204.jpg
DSC_1370-2_20181122112831c03.jpg

<豆知識>

(1) クローバーの中に「シロツメクサ」と「アカツメクサ」がある.。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B
8%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%A6%E5%B1%9E

シャジクソウ属(車軸草属、トリフォリウム属、Trifolium)はマメ亜科の属の一つ。英語ではクローバー(Clover)と総称される[1]。約260種が全世界に分布する。シャジクソウ属の多様性は北半球において最も高いが、南アメリカやアフリカにも多くの種が分布している。<中略>
和名の「ツメクサ」の由来は、江戸時代にオランダから輸入されたガラス器の梱包の際に本草が詰め物として使われていたことから「詰草」と呼ばれるようになった。<中略>
日本に分布する在来種はシャジクソウのみであるが、シロツメクサをはじめとする多くの種が牧草、園芸、緑肥などの目的で導入され、帰化植物となった種類も多い。
約260種が属し、次の亜属・節に分類されている[2][3]。



(2) 「シロツメクサ」と「アカツメクサ」の違い

https://frytiger.com/archives/7429.html
アカツメクサでは冠が作れない
よく似た種類でアカツメクサがありますが、アカツメクサでは冠がきれいにできません。
何故なら、花のすぐ下に葉っぱがくっついているので、邪魔になるのです。

作れないわけではありませんが、美しくないのです。
下の模式図を見れば、その違いは一目瞭然でしょう。

20160528a.jpg

白いアカツメクサがある。
赤いシロツメクサもある。


私が撮影した「アカツメクサ」には、花の下に直ぐ「葉っぱ」がある!

DSCN2131-2.jpg
DSCN2133-2.jpg

(つづく)
スポンサーサイト



[2018/11/24 11:14] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今朝(20181123)の富士山! | ホーム | 狂い咲き!:雪柳>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2227-af518a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2