FC2ブログ
晩秋に活発な昆虫(その1):アブの活動<1>と蜂との区別
晩秋に活発な昆虫(その1):アブの活動<1>と蜂との区別

晩秋は、つわぶき(石蕗)の花が真っ盛りである!

この黄色い花を目指して、「アブ」が寄って来る!

「アブと蜂って区別がつく?」
「はっきりは、解らないが、黄色黒の縞模様が蜂?」

「まあ、半分正解かナ!」
「どういうこと?」

「蜂にはその縞模様がほとんどあるらしいが、アブの仲間にもその縞模様があるのがいるので、一概には言えない」
「昆虫の分類方法は、とにかく難しいらしいってこと?」

「そ、そういうこと」
「で、今日の話題は?」

つわぶき(石蕗)に群がる「アブ?」の様子がこちら・・・。

<2018年11月>
DSCN2164-2.jpg
DSCN2164-3.jpg
DSCN2158-2.jpg
DSCN2158-3.jpg
DSCN2160-2.jpg
DSCN2160-3.jpg
DSCN2160-4.jpg
DSCN2160-5.jpg

DSCN2162-2.jpg
DSCN2162-3.jpg
DSCN2162-4.jpg
DSCN2162-5.jpg

「蜂とアブの見分け方」は色々あるらしいが、研究者や学者さんの判別方法はさて置くとして、簡便な見分け方法は・・・。

https://richlife100.com/4126.html
蜂とアブ 姿の違い

蜂は、頭・胸・腹の間が細くくびれています(アリと同じ)
触角は長めでハッキリ見えており、眼が顔の中で占める割合が少ないです。
毒針を持っているのはメスだけでお尻に小さな針があります。
これは元々産卵管だったものが変化したためです。
花の蜜を吸いにくる働き蜂は全て毒針を持ったメスなのです。

蜂の色は黄色(オレンジ色)と黒色が多いのですが、これは自分が危険な生物だと
周囲の動物に警告するためです。

アブは、頭・胸・腹の差が無く、殆どくびれがありません(ハエと同じ)
触角は短い種類が多く、よく見ないと気づかないほどで、
眼が異常なくらい大きく、顔の半分以上を占める種類が多いです。
アブには毒針はありませんが、口で血を吸ったり噛んだりする種類もあります。
蜂に姿が似ているのは天敵から身を守るための擬態です。



「ところで、上の写真の‘アブ’は何という名前のアブなの?」
「只今検討中!どうやら、‘ナミハナアブ’という名前の昆虫だが、アブでも蜂でもない昆虫らしい?http://shizensanpo.seesaa.net/article/376707757.html

「えっ?そんな~」
「???」

(つづく)
スポンサーサイト



[2018/11/26 10:15] | 昆虫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<近くの紅葉を求めて(その1):ふる里村の紅葉(1) | ホーム | 今朝(20181123)の富士山!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2230-1fdb7067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2