FC2ブログ
‘オリンピックの開催が4年に一度’は果たして公平か?(その1)
昨日の弊ブログ:「卓球・福原 愛 選手の成長」では、以下の通り、‘⑥ 選手個人の成長度’について、私見を書かせて貰ったが、本日は、「⑦ オリンピックの開催が4年に一度、は果たして公平か?」について・・・・。

TKY201207280374.jpg
http://digital.asahi.com/article_search/s_list3.html?keyword=
%A1%D2%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9%A4%CE%CB%DC%C
3%AA%A1%D3&s_title=%A1%D2%A5%CB%A5%E5%A1%BC%
A5%B9%A4%CE%CB%DC%C3%AA%A1%D3%B0%EC%CD%F7&rel=1



① イギリス経済の落ち込み

② 開催日程の決定に関する配慮・イスラム‘ラマダン’

③ チケットの販売方法

④ 審判員の採点の価値

⑤ 1/100 秒の意味

⑥ 選手個人の成長度 (私見記述済み)

⑦ オリンピックの開催が、4年に一度、は果たして公平か?

⑧ 豪華・長時間の入場行進と選手の疲れ

改めて、今回のテーマ:

⑦ オリンピックの開催が4年に一度は果たして公平か?

何故‘不公平’か?

オリンピックを目指すアスリート達にとっては、競技種目にも当然依るが、その人の‘旬’の時に参加出来ないという‘恨み’がある場合が多い。

だって、4年間も自分の‘旬’を持続させることなど難しい場合が多いに決まっている。

また、男子サッカーの場合など年齢制限があれば尚更である。

sports-リング、ロンドン、オリンピックは、開会式-600x450
http://jp.wallpapersus.com/sports-%E3%83%AA%
E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%81%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%8
3%89%E3%83%B3%E3%80%81%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3
%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AF%E3%80%81%E9%
96%8B%E4%BC%9A%E5%BC%8F/




そこで提案であるが、もう一歩踏み込んで、

‘オリンピックを毎年開催してはどうか?’

これなら、‘旬’の問題は、そう‘問題にされずに済む’。

<長所>

(1)アスリートの‘旬’の時に参加出来る可能性が極めて高くなり、アスリートの数が増え、社会の健全化に貢献出来る。

(2)開催希望国がこれだけ多いのだから4倍もその満足度が増す。

(3)開催国の経済発展が4倍の‘速さ’で世界に広がる。

(4)アスリート同士の交流で、戦争撲滅・世界平和に繋がる確率が大幅に高まる。

(5)観客の方も4倍に増える訳で、世界中の各国同士の交流が増え、延いては世界平和に繋がる。

(6)人事交流が活性化し、輸出入貿易が活性化される。

(7)少々の小金持ちが‘旅費・その他雑費’を使うことで‘タンス預金’を叩いてくれるので経済が廻る。

等々いいこと尽くめである。

<短所>

(1)各国の‘選手派遣費用’が嵩む。 → しかし、これはその費用が一般の収入になる訳だから‘経済の活性化’に繋がる。だから、この項目は<短所>と言うより<長所>に入れるべきかも??

(2)その他には、短所は見つからない!

mm20120729072237_pka127280791.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2130554793612177701
ナデシコ・ジャパンのメンバー

pimg_2085_1_1.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2130554793612177701
錦織圭選手

そうすりゃあ、ナデシコだって、錦織圭だって、オリンピックに挑戦する彼等を毎年楽しめるという訳だ!

そして、オリンピック毎年開催のお陰で、世界の経済が廻り出す!

オリンピック発祥の地、そして‘経済が危ない国’ギリシャが言い出すべきかもしれない!






























スポンサーサイト



[2012/08/02 12:00] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘オリンピックの開催が4年に一度、は果たして公平か?(その2) | ホーム | 卓球・福原 愛 選手の成長>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/225-96c936f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2