FC2ブログ
寒中の鯉
2019年1月22日の夕刻、いつもの散歩道の途中で、橋の上から複数の鯉が見えた!

体長は、1メートルは少々オーバーにしても0.7~0.8メートルはあろうかという大物揃い!

DSC_3194-2.jpg
DSC_3194-3.jpg
DSC_3197-2.jpg
DSC_3197-3.jpg
DSC_3197-4.jpg
DSC_3198-2.jpg
DSC_3198-3.jpg
DSC_3198-5.jpg
DSC_3198-6.jpg
DSC_3198-4.jpg

「寒中の鯉」は、「寒鯉」といって俳句の季語である!

se01.jpg
http://hai575.info/sa01f/03/03.htm

[季節] 晩冬を主に三冬(1月を主に11月から1月)動物季題

[季題] 寒鯉(かんごひ/かんごい)

[副題] なし。


 寒中の鯉は動作が鈍くなり池沼の水底でじっとしている。

 しかし暖かい日にはわずかであるが水面に姿を見せることがある。

 この頃が滋養に富み美味だといわれ養殖された鯉の多くは寒に出荷される。

03001002.gif03001004.gif03001006.gif03001007.gif


「寒鯉」は‘動かぬ’ことが注目されるが、橋の上から見た鯉は、「集団で」動いていた!

ひょっとすると、この鯉達は、もう春になったと思っているのかも知れない!

(つづく)
スポンサーサイト



[2019/01/25 16:49] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スロージョギングの勧め! | ホーム | 蜘蛛の足>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2262-e57abf5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2