FC2ブログ
花粉光環(冠)現る!?
花粉光環(冠)現る!?

とうとう今年(2019年)も「花粉」季節に突入した!

余り聞きなれない言葉ではあるが「表題の「花粉光環(冠)」現象が見られるという。

そう言われれば、このところ3月に入ってから「夕日」が少し変わって見えたのである。
以下の写真画像が、いわゆる「花粉光環(冠)」と言っていいのかどうかは自信がないが・・・。
場所は、千葉県茂原市である。

<2019年3月09日>

DSCN1879-2.jpg
DSCN1879-3.jpg
DSCN1881-2.jpg
DSCN1885-2.jpg
DSCN1929-2.jpg


<2019年3月11日>

DSCN2133-2_20190315105717ca7.jpg
DSCN2155-2.jpg
DSCN2154-2.jpg
DSCN2165-2.jpg


<2019年3月13日>

DSCN2181-2.jpg
DSCN2182-2.jpg
DSCN2182-3.jpg

どうやら、13日の画像は、本物の「花粉光環(冠)」のように思えるのだが・・・。

それでは、「花粉光環(冠)」とは?

"https://weathernews.jp/s/topics/
201903/070155/" target="_blank">
https://weathernews.jp/s/topics
/201903/070155/


花粉光環とは?
target="_blank">201903070155_top_img_<br />A.jpg
2019/03/08 15:47 ウェザーニュース
2018年3月12日に埼玉県久喜市で見られた“花粉光環”

春になり花粉が多く飛ぶ時期になると、太陽のまわりが何重にも虹色に彩られるキレイな現象が見られることがあります。
写真で見ていると美しい現象なのですが、じつはこれは花粉が大量に飛散している証拠なんです。

201903070155_box_img1_A.jpg

まず、なぜ花粉光環では虹色が見えるのかというと、「回折」という現象によって、光が曲げられたり、散乱したりしているからです。

太陽の光が雲の粒や花粉の粒などの障害物にぶつかると、それぞれの波長に応じて、障害物の後ろにまわりこむように曲がります。これを「回折」現象といいます。

曲がった光は、ちょうど輪を描くように集まります。このとき、赤系の光ほど大きく、青系の光ほど緩やかに曲がるため、赤色を外にして虹色の環ができるのです。

201903070155_box_img3_A.jpg

花粉の粒のイメージ
光環の虹色の濃さは、障害物となる粒の状態によって変わります。
「粒の大きさが揃っているほど、きれいに色が分離する(虹色が濃くなる)」という特性があるのです。

スギ花粉の直径は、約30μm~40μm(0.03mm~0.04mm)でおおむね揃っています。

また、花粉の1粒1粒を見てみると、実はまん丸な球体ではなく、球体から小さな突起が出ている形をしています。この突起があるからこそ、空気中では同じ方向を向きやすく、花粉の粒が揃っているような感じになります。

このように、花粉は粒の大きさが揃っているので、回折によって曲がった光が虹色にきれいに分離して、濃く見えやすくなります。

花粉症の人にとっては…
実際に見られたらキレイでうれしくなりそうですが、花粉症の人にとっては、これはまさに“悪魔のサークル”とも呼べる、花粉が大量に飛散しているサインです。

花粉予想をチェックして、しっかりと対策を行うようにしてください。
>>最新の花粉情報

注意)花粉光環を見る際は、建物などで遮るなどし、太陽を直視しないようにお気をつけください。


という解説がなされている。

こんな太陽に気付いたら、もう遅いのかもしれないが、「マスク」をかけて・・・。

ゴヨウジン!ご用心!

(つづく)
スポンサーサイト



[2019/03/15 11:31] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<つくしを食べる!(その1) | ホーム | 我が家の桜が咲いた!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2286-1d562d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2