FC2ブログ
このバラの名前が判りました!(その1)
このバラの名前が判りました!

花や昆虫や鉱物だって、その名前は中々判らない!

それは、何万も種類があるからである・・。

我が家の玄関先の「ばら」の名前が中々判らなかったが、このほどやっと判明した!

「ナニワイバラ」 と言うらしい!

①DSCN3357-2
DSCN3346-2.jpg
②DSCN3343-2
③DSCN3343-3
DSC_4186-2.jpg
DSC_4186-3.jpg
DSC_4187-2.jpg
DSC_4187-3.jpg
DSC_4188-2.jpg
DSC_4189-2.jpg
DSC_4191-2_20190430203143e2a.jpg
DSC_4191-3_2019043020314590f.jpg
DSC_4191-4_20190430203146cd8.jpg
DSC_4192-2.jpg
DSC_4192-3.jpg
DSC_4192-5.jpg
DSC_4192-6.jpg

「ナニワイバラ」とは?

https://iyashi.midb.jp/best/166
ナニワイバラは中国・台湾の原産で、本州の南部・四国・九州で野生化している常緑の低木です。春たけなわの時に、多くの葉のつけ根から、大きさ7cm位の純白で5弁の花が一輪づつ咲きます。しかし成長力は旺盛で、やや大型で中心が黄色のふんわりした白い花が、一面に優美に咲いた姿はみごとです。ただ、一季咲きで、花の時期が短いのが残念です。

その代わり、落下したあと棘のある青い実が、次第に膨らんでゆき、色も黄、橙、赤茶色へと、推移してゆく過程を、長く見ることができます。そして常緑の葉、赤茶色の実の上に雪が積もった姿にも、冬の風情のなかに、静けさと強さを感じさせます。花言葉は、清純な愛、静かな愛と敬意とのことです。(潮 信輔)


(つづく)
スポンサーサイト



[2019/04/30 20:52] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<このバラの名前が判りました!(その2) | ホーム | タンポポは、今!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2309-345a3b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2