FC2ブログ
ナニワイバラが満開!群がる昆虫(その5):クマバチ(熊蜂)
ナニワイバラが満開!群がる昆虫(その5):クマバチ(熊蜂)

北九州地方では、「クマバチ」のことを「クマバチ」という!

まあ、呼び名はいいとして、このハチはかなり人間にも恐怖を与える!それは、「羽音」が強烈だからである!

朝早くからこのクマバチが「ナニワイバラ」に集まって来ている!

DSCN3422-2.jpg
DSCN3423-2.jpg
DSCN3423-3.jpg
DSCN3424-2.jpg

こんなに沢山の「ナニワイバラ」が我が家の玄関先に・・・。

①DSCN3583-2
②DSCN3583-3
DSCN3449-2.jpg
DSCN3449-3.jpg
DSCN3450-2.jpg
DSCN3451-2.jpg
DSCN3451-3.jpg
DSCN3456-2.jpg
DSCN3458-2.jpg
DSCN3471-2.jpg
DSCN3471-3.jpg
DSCN3471-4.jpg
DSCN3508-3.jpg
DSCN3508-4.jpg
DSCN3525-3.jpg
DSCN3525-4.jpg
DSCN3584-2.jpg
DSCN3584-3.jpg

さて、「クマバチ」とは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%
83%9E%E3%83%90%E3%83%81

クマバチ(熊蜂、学名:Xylocopa)は、ミツバチ科クマバチ属に属する昆虫の総称。一般に大型のハナバチであり、これまで、約500種が記載されている。方言によっては、連濁に伴う入り渡り鼻音を挟んでクマンバチとも呼ばれる。

北海道から九州にかけて広く分布するクマバチ(別名キムネクマバチ、Xylocopa appendiculata circumvolans (Smith, 1873)) を指すことが多い。

形態
体長は2cmを超え、ずんぐりした体形で、胸部には細く細かい毛が多い。全身が黒く、翅(昆虫の羽のこと)も黒い中、胸部の毛は黄色いのでよく目立つ。体の大きさの割には小さめな翅を持つ。翅はかすかに黒い。

メスは顔全体が黒く、複眼は切れ長。額は広く、顎も大きいため、全体に頭が大きい印象。それに対し、オスは複眼が丸く大き目で、やや狭い額に黄白色の毛が密生し、全体に小顔な印象。

生態
本州のクマバチ(キムネクマバチ)は、おおむね山桜類カスミザクラなどが咲き終わる晩春頃に出現し、街中でもフジやニセアカシアの花などに活発に訪花するのがよく見られる。成虫の活動期間は晩春から中秋頃まで。寿命は1年程度と推定され、その年生まれの新成虫は越冬して翌年に繁殖活動に参加すると推定されている。

「ブーン」という大きな音を立てて、安定した飛行をする。

食性は、他のハナバチ同様、花蜜・花粉食。初夏から秋にかけてさまざまな花を訪れるが、頑丈な頸と太い口吻を生かして花の根元に穴を開けて蜜だけを得る盗蜜もよく行う。この頑丈な頸は、後述の穿孔営巣性によって発達したものと考えられ、このハチの形態的特徴のひとつである。

フジの仲間の花はクマバチに特に好まれるが、とても固い構造で蜜を守っており、クマバチの力でこじ開けないと花が正面から開かない。また、クマバチが花に止まって蜜を飲もうとすると、初めて固い花弁が開いて隠れていた花柱と葯が裸出し、クマバチの胸部や腹部に接する。このことから、フジはクマバチを花粉媒介のパートナーとして特に選んでいると考えられる。こうした、クマバチに特に花粉媒介を委ねている花はクマバチ媒花と呼ばれ、トケイソウ科のパッションフルーツなどの熱帯果樹や、マメ科のフジやユクノキなどに見られる[2][要ページ番号]。

春先の山道や林道では、オスが交尾のために縄張り内の比較的低空をホバリングし、近づくメスを待つ様子が多数見られる。また、オスはメスに限らず飛翔中の他の昆虫や鳥類など接近してくる対象のすべてを追跡し、メスであるか否かを確認する習性がある。

初夏、メスが太い枯れ枝や木造家屋の垂木などに細長い巣穴を掘り(穿孔営巣性)、中に蜜と花粉を集める。蜜と花粉の団子を幼虫1匹分ずつ丸めて産卵して間仕切りをするため、1つの巣穴に1列に複数の個室が並ぶ(英名の carpenter bee(大工蜂)は、この一連の様子に由来する)。その夏のうちに羽化する子供はまだ性的に未成熟な亜成虫と呼ばれ、しばらく巣に残って親から花粉などを貰う。また、その際には亜成虫が巣の入口に陣取ることにより、天敵の侵入が若干だが防がれる。こうした成虫の姿での母子の同居は通常の単独性のハナバチには見られない行動であり、亜社会性と呼ばれる。これはまた、ミツバチやマルハナバチなどにみられる高度な社会性(真社会性)につながる社会性への中間段階を示すものとも考えられる。巣の周囲で他のハチへの激しい排斥行動は行わないため、同じ枯れ木に複数が集まって営巣することもある。

ハチの社会性については「社会性昆虫」を参照

体が大きく羽音の印象が強烈であるため、獰猛な種類として扱われることが多いが、性質はきわめて温厚である。ひたすら花を求めて飛び回り、人間にはほとんど関心を示さない。オスは比較的行動的であるが、針が無いため、刺すことはない。毒針を持つのはメスのみであり、メスは巣があることを知らずに巣に近づいたり、個体を脅かしたりすると刺すことがあるが、たとえ刺されても重症に至ることは少ない(アナフィラキシーショックは別)。


(つづく)
スポンサーサイト



[2019/05/19 13:16] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<近所の火事!<速報> | ホーム | ナニワイバラが満開!群がる昆虫(その4)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2317-370180bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2