FC2ブログ
アメリカンブルー
アメリカンブルー

玄関先に「青い花」が咲いている。

勿論、花の名前に疎い私が、その名前を知っているはずがない!

恐る恐るかみさんに聞いてみた。

「アメリカンブルー」

すんなりと答えが返ってきた!
珍しい!

DSCN1026-2.jpg
DSCN1027-2.jpg
DSCN1037-2.jpg

一円玉の直径は、ご承知の通り、「2cm」であるから、下の文献にもある通り、花径は、3cm 以下の様だ!

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-307
エボルブルス(アメリカンブルー)の基本情報
学名:Evolvulus pilosus
その他の名前:アメリカンブルー

科名 / 属名:ヒルガオ科 / アサガオガラクサ属(エボルブルス属)

特徴
エボルブルスは、アメリカンブルーとも呼ばれ、葉腋に花径2~3cmほどの濃い青色の花を咲かせます。高温乾燥に強く、夏の間旺盛に生育し、すがすがしい花色が涼しげです。曇りの日は花が閉じます。寒さには弱く、暖地であれば戸外で冬越しできますが、霜が降りるところでは枯れ、一年草として扱われます。分枝性のよい枝がほふくして四方に広がるので、花壇の縁取りやハンギングバスケット、脚つきのコンテナのほか、グラウンドカバーにも利用できます。花は枝の先のほうに咲くので、摘心や切り戻しをして枝数をふやしておくことが、こんもりとした草姿に花をたくさん咲かせるコツです。

基本データ

園芸分類 草花

形態 一年草,多年草 原産地 中央アメリカ

草丈/樹高 20~40cm 開花期 4月下旬~10月

花色 青 栽培難易度(1~5)

耐寒性 弱い 耐暑性 強い

特性・用途 開花期が長い,初心者でも育てやすい,グラウンドカバーにできる


DSCN1029-1.jpg
DSCN1029-2.jpg
DSCN1029-3.jpg
DSCN1031-2.jpg
DSCN1031-3.jpg
DSCN1031-4.jpg
DSCN1031-5.jpg
DSCN1032-2.jpg
DSCN1032-3.jpg
DSCN1034-2.jpg
DSCN1034-3.jpg
DSCN1034-4.jpg

花は小さいが、それぞれの器官は勿論細かいが十分に機能を発揮するよう整っている!

(つづく)
スポンサーサイト



[2019/08/15 07:59] | 美しい花 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<半夏生(半化粧)の一生! | ホーム | アゲハチョウが何時間も!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2363-986aa243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2