FC2ブログ
2019年台風15号の爪痕(その1):我が家の被害
2019年台風15号の爪痕(その1):我が家の被害

今年(2019年)の台風15号は、千葉県を中心にこれまでにない被害をもたらした!

今日(9月18日)現在、まだまだ完全復旧とまでは行っていないという!

この私のブログも、9月3日以来投稿していないので、多くの皆様から「大丈夫ですか?」という安否・激励のメールを頂戴した!

この場を借りて厚く御礼申し上げます!有難うございました!

お陰様で、停電が3.5日間だけ、という千葉県では最も恵まれた分類に属する被害で収まったことは不幸中の幸いである!

千葉県情報は、「Wikipedia」さんが次の様に報じている・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A
4%E5%92%8C%E5%85%83%E5%B9%B4%E5%8F
%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC15%E5%8F%B7

千葉県の現況<9月18日現在>
広範囲に及んでいる停電等を主要因とした住民の生活の苦境は、9月17日現在もなお、台風15号によって被災した状態は房総半島南部から千葉県北東部までの広範囲に及んでいる。

停電のため、酷暑にもかかわらずエアコンや扇風機が使えず、夜は車のライト以外明かりがなく真っ暗である街が多く存在している。鋸南町をはじめとする房総半島の多くのエリアで固定電話や3大キャリアの回線が途絶えており、停電により水道ポンプが動かず、断水も発生している。また多くのガソリンスタンドでは、ポンプが動かず給油ができない。断水により身体も洗えず、刻々と食料なども尽きてゆく状況となっており、住民の生活に多大な影響を及ぼしている[25]。

住民は、いつ電力が回復するのか把握できていなかった上に[25]、救援物資を送り届けたい人がいてもどこに救援物資を送ればよいのか分からない、という状況も続いていた[25]。

そのような中で、日清食品が鴨川市、鋸南町、長柄町の要請を受けて13日に物資を届けるとした[26]。また、鋸南町では自治体や企業だけでなく、全国各地の個人からも支援物資が相次いで寄せられている[27]。さらに、13日には農林水産省が、市原市、袖ケ浦市、木更津市、君津市、富津市、鴨川市、鋸南町、南房総市、館山市の9市町に水と食料の支援を行うと発表した[28]。南房総市によれば、17日午後6時現在で必要としているのは、土のう袋、ロープ(土のうとブルーシートを結べるようなもの)であるという[29]。また、上記の支援の結果、鋸南町では、16日10時48分現在において支援物資の受け入れを休止している[30]。館山市社会福祉協議会によれば、16日8時30分現在、物資の受け入れを一旦停止するという[31]。

市原市では12日、停電の影響により防災行政無線が使えない場所があるため、広報誌の号外を住民に直接配る対応を取ったほか、14日には新たな号外を出せるよう準備を進めている[9]。

電力
送電
この台風により、千葉県内で送電塔2本と電柱84本が倒壊した他[32]、約2000本の電柱が損傷していることが確認され[33]、神奈川県と千葉県を中心に9日時点で93万戸が停電した[34]。東京電力によると10日午後1時49分時点で、千葉県内では約56万3300戸で停電[35]。17日午後7時半時点では、6万戸あまりで停電が続いている[36]。11日時点で東京電力パワーグリッドは、千葉を中心とする停電の全面復旧は、千葉市周辺で12日中、それ以外のエリアでは13日以降とした。これは、設備や施設に想定を超える被害が確認され、山間部での作業が難航しているためとしている[37]。停電している地域のコンビニやスーパーでは冷蔵庫・冷凍庫が機能しておらず、食糧の供給事情も悪化している[35]。菅義偉官房長官は11日の会見で、同日午前11時の時点で、千葉県内で44万5000戸、神奈川県内で4000戸の停電が続いており、停電区域に約270台の電源車を用意したと述べた[38]。後に被害が想定よりも大きく上回ったこともあり、電気事業連合会は関西電力など加盟各社から東日本大震災以降では最大規模となる応援要員7127人、電源車174台を千葉県などの被災地に派遣したと発表した[39]。13日午後8時過ぎの会見で東京電力パワーグリッドは、館山市、南房総市、鴨川市、鋸南町については復旧に最長2週間、君津市や富津市や東金市などについては最長1週間、市原市や千葉市、成田市などは3日以内に復旧見込みとしたが[40]、14日深夜の会見では、市原市や袖ヶ浦市、千葉市緑区などの復旧が2週間にずれ込む見通しが明らかになった[41]。復旧に要する期間が最長で2週間であることを知った住民の中には疲労の色を隠せない者もいた[42]。最も停電の被害が大きかった千葉県では、最大時で野田市、我孫子市、浦安市の3市以外の全ての自治体で停電が発生した。

平成30年台風第21号では電力の完全復旧に約16日かかった[43]。


さて、我が家(千葉県茂原市千沢)の被害状況は、下の写真に示す通り、被害は最も軽かった!

とは言え、家の中に這入り切れなかった植木等々が倒れたり吹き飛ばされたりして、その後片付けに数日を要した!

①DSC_0752-2

普段は、上の画像(2019年9月3日)の状態なのだが、
それが、台風一過の朝・9月9日の08:33には次のような状態になっていた!

②DSC_0807-2
③DSC_0811-2
④DSC_0810-2
⑤DSC_0806 (2)-2
⑥DSC_0806 (2)-3
⑦DSC_0850-2
⑧DSC_0812-2

倒れ掛かってしまったバラのアーチをすっかり剪定してしまうのに約3日間も掛かってしまった!

⑩DSC_0867-2
⑨DSC_0866-2

9月9日の午前中には、アマガエルが我が家の台所に避難していた!

⑪DSC_0851-2
⑫DSC_0851-3
⑬DSC_0851-4

という訳で、我が家の被害は、TVアンテナが少しは傾いたものの、性能には影響がなかったし、その他は人力で解決出来る程度のことで終わったのだが、停電3.5日は少々辛かった!

① 明かりがつかない
② TVが見れないので情報がほとんど入手出来ない
③ PCが光なので使えない
④ 固定電話が使えない
⑤ スマホが、時々しか使えない
⑥ 風呂が沸かせない
⑦ 冷蔵庫がその役目を果たせない

但し、ガスは都市ガスではなくプロパンボンベなのでOK!水道は断水しなかったために「水風呂・行水」が可能、という軽微で済んだ!

電気がついた時には、「石器時代から一挙に情報化社会へ」という大転換に大喜びをした!

それにつけても、いまだに停電状態の地区の皆様には、同情を禁じ得ない!
ご苦労様ですが頑張って下さい!

(つづく)
スポンサーサイト



[2019/09/18 10:58] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<2019年台風15号の爪痕(その2):ご近所の被害 | ホーム | ハナトラノオ>>
コメント
お疲れさまでした。
 本当に大変でしたね。
それでも鋸南町の被害に比べればはるかに少ない被害で良かったですね。今度会ったら参考意見をお聞かせ下さい。よろしく。
[2019/09/20 14:25] URL | 内山武久 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2373-26e914f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2