FC2ブログ
迷い込んだコガネムシ!
迷い込んだコガネムシ!

2019年10月1日の午後、座っていた膝元で、何やら「ゴソゴソ」する!

胡坐を解いて見てみたら、「コガネムシ」だった!

昆虫に詳しくない私にとっては、「コガネムシ」と「カナブン」の区別がつかない・・・。

かなり以前にもこのブログでこの区別について取り上げさせていただいた経験があるが、それでもその判定の基準を忘れてしまっているので、未だに区別がつかないでいる!

簡単な見分け方を伝授して戴いたので、以下に示す!

コガネムシとカナブンの違い
出典:https://genbokushiitake.blog.fc2.com/blog-entry-1310.html

https://genbokushiitake.blog.fc2.com/blog-entry-1310.html
コガネムシとカナブンの見分けで簡単なポイントは、
頭が四角いとカナブンだということ。
あとは背中の羽の部分が大きくY字型なのがカナブン
小さめにU字型なのがコガネムシだ。
この絵だと左がカナブン、右がコガネムシ。


これが見分け方だと言う!実に簡単明瞭、私のようなド素人に解かり易い!

だとすると、胡坐をかいていた私の膝下で「ゴソゴソ」していたのは、「コガネムシ」様ということなる!

因みに、「カナブン」の画像が、こちら!

kanabun0907297600.jpg
出典:https://www.insects.jp/kon-koganekanabun.htm

<2019年10月01日午後に我が家に迷い込んだ「コガネムシ」>

①DSC_0984-2
②DSC_0984-3
③DSC_0991-2
④DSC_0988-2
⑤DSC_0989-2
⑥DSC_0989-3
⑦DSC_0983-2

画像処理をしている時に気づいてのだが、コガネムシは、その「触角」を隠したり?表したりしているようだ!上の画像は、一匹のコガネムシの画像だが、表の時も裏の時も触角を隠しているのが解かる!

これは、一体何のために???
「触角の保護」のため?

「コガネムシ」とは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%
E3%82%B3%E3%82%AC%
E3%83%8D%E3%83%A0%E3%82%B7

コガネムシ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コガネムシ(黄金虫、Mimela splendens)は甲虫目コガネムシ科の昆虫。

成虫の体色は時に赤紫の混ざった光沢の鈍い赤色、赤紫・黒紫色のものもある。体長は17-23mm。食性は食葉性であり、サクラ等の広葉樹の葉を食する。

幼虫は土中で植物の根を食べて成長する。

また、コガネムシ科の昆虫の総称または一部のグループを指して「コガネムシ」という場合もある。一般的にカブトムシやダイコクコガネなど形態に著しい特徴があるものを除き、ときにはハナムグリ亜科などのカナブン・ハナムグリの類を除いて草食のものだけをいうこともある。

狭義のコガネムシMimela splendensは、外見的には、前肢基節間に前胸突起が確認できることにより、上記広義のコガネムシと区別できる。

本種には「ナミコガネ」の和名もあるが一般的とはいえず、広義コガネムシとの混乱に注意する必要もある。


(つづく)
スポンサーサイト



[2019/10/02 12:33] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<久し振りの‘朝やけ’! | ホーム | 2019年9月の台風15号の後の房総半島の或るトマト栽培農家は、今!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2381-5001aa88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2