FC2ブログ
サクランボ桜の開花(その1)
サクランボ桜の開花(その1)

サクランボを実として付ける桜の木の種類はどのくらいあるのだろうか?

例の通り、「Wikipedia」で調べてみると以下の通りである・・・。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%
82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C

サクランボのうち主にアメリカ合衆国西海岸で取れるものはアメリカンチェリーと呼ばれる。

早生種
高砂(たかさご)
アメリカ原産。収穫時期は6月中旬。元名はロックポートピカロー。受粉樹として栽培される。
ジャボレー
フランス原産。酸味が強く糖度が低い。ジャム、果実酒等の加工用。
紅さやか
紅ゆたか
香夏錦
正光錦
日の出

中生種
佐藤錦(さとうにしき)
国内で最も多く生産されている品種。1912年(大正元年)から16年かけ、ナポレオンと黄玉を交配してできた。名前は交配育成した山形県東根市の佐藤栄助に因んで1928年(昭和3年)に命名された。
北光
天香錦
夕紅錦

晩生種
ナポレオン
ヨーロッパ各国で栽培されている品種。名前はナポレオン・ボナパルトに由来し、彼の死後ベルギー王が命名したという。収穫時期は6月下旬。佐藤錦の受粉木として一緒に栽培されることが多い。完熟した果実は通好みとされ非常に美味しい。海外ではロイヤル・アンの名称で呼ばれる。
紅秀峰(べにしゅうほう)
収穫時期は7月上旬。果実は大きく糖度高く豊産性で非常に優秀な品種。佐藤錦を種子親、天香錦を花粉親にして交配しており、1991年に品種登録された[8]。
紅てまり
南陽
収穫時期は7月上旬。(北海道は中旬以降)ハート形の断面の大型の果実で食味も優れる。他品種との開花が揃い、受粉環境の向く北海道で多く生産される。
大将錦
月山錦(がっさんにしき)
収穫時期は6月中旬~7月下旬。元々は中国の大連で育成され、日本に持ち込まれた品種。色は黄色でとても甘いが、栽培が難しく、市場への流通はきわめて少ない[9]。


我が家にもそんなに立派ではないが、サクランボの木があるが、上記のどの木なのだろうか?

今日(2020年03月10日)の朝、もうもう満開に近いサクランボの木の花の様子を撮影してみた!

①D①4-2
②DSCN0840-2
③DSCN0843-2
④
⑤DSCN0782-2
⑥DSCN0847-2
⑦DSCN0847-3
⑧DSCN0764-2
⑨DSCN0764-3
⑩DSCN0778-2
⑪DSCN0778-3
⑫DSCN0781-2
⑬DSCN0781-3
⑭DSCN0781-4
⑮DSCN0781-5

「桜の満開」とは8割咲きで満開というらしいから、もう満開である!
さて、どのくらいのサクランボ収穫が期待出来るのだろうか?

(つづく)
スポンサーサイト



[2020/03/10 12:31] | 田舎暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<サクランボ桜の開花(その2) | ホーム | 満開の白子桜(その3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2423-21340252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2