FC2ブログ
御来光と御来迎
‘御来光’という言葉があり、‘御来迎’という言葉もある。

御来光は、‘ごらいこう’と読み、御来迎は、‘ごらいごう’と読む。(ただし、浄土宗では‘来迎’を濁らず‘らいこう’というそうだから注意が要る。<http://jodo.or.jp/radio/web_radio/wma_09_06_03.html>)

極めて紛らわしい。

調べてみると、これら二つの言葉の意味は、次の通りの様である。

http://kotobank.jp/word/%E5%BE%A1%E6%9D%A5%E5%85%89
世界大百科事典 第2版の解説

ごらいこう【御来光】

今では山頂の日の出の意味に使われているが,もともとは御来迎(ごらいごう)と書いて,山頂近くの雲に自分の影がうつされると,色の付いた光の輪を背負った仏の像に見えることをいったものという。グローリー【畠山 久尚】


グロリーは、ブロッケン現象のことらしい。

http://www.weblio.jp/content/%E5%BE%A1%E6%9D%A5%E8%BF%8E

ブロッケン現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/07 07:01 UTC 版)

(御来迎 から転送)
ブロッケン現象(ブロッケンげんしょう、Brocken spectre)は太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象。 光輪 (グローリー、glory(英語))、ブロッケンの妖怪(または怪物)などともいう。



http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/82565/m0u/

ご‐らいごう〔‐ライガウ〕【御来▽迎】

1 「来迎」を敬っていう語。
2 高山の頂上で太陽を背にしたとき、前面の霧に自分の影が大きく映り、その周りに光環が見られる現象。阿弥陀仏が光背を負うて来迎するのになぞらえていう。御来光。《季 夏》「雪渓をさきだつ禰宜(ねぎ)や―/爽雨」
3 江戸時代の玩具の名。紙の張り抜きや木・土で作った小さな仏の像を竹筒に納めておき、糸の仕掛けで竹筒を下げると、黄色の紙を畳んで作った後光が開き、仏の像が現れるもの。
4 「御来光(ごらいこう)1」に同じ。



これらの解説から自分なりに解釈して見ると、

「高山で、朝日を背にした時にブロッケン現象が起こって自分の影が眼下に立ち込めた霧・雲海に‘光輪’と共に映り、それが、光の輪を背負った仏の像に見えた時、その現象と朝日をも含めて‘御来迎’という」

それが時代と共に段々解釈が広くなり、「高山での‘日の出’を‘御来光’というようになった。例え、ブロッケン現象がなくても」さらに更に「高山でなくても、‘日の出’であれば、‘御来光’と呼ぼう」ということらしい。

さて、いよいよ本題。

外房に引っ越しをして来て約18年になるが、外房では太陽が水平線から昇るのが見られるから‘初日の出’を3度程見に行ったことがある。

しかし、新年の頃の気象状況のせいであるかどうかは判らないが、水平線から太陽が頭を出す場面には出くわさなかった。いつも水平線にはかなり厚い雲が棚引いていて、その雲からお出ましになるのだ。

そんな訳で、折角房総半島の東側に住んでいながら、朝日を見に行く機会を作らなかった。

ひょんな話から、‘御来光’を見たいと言うことになった。従って、今朝3:30起床。4:15出発。房総の東海岸に到着したのは、日の出の丁度30分前の4:31である。

もう周りはかなり明るくなっていた。

画像ー36 149-2
画像ー36 149-2 posted by (C)mobaradesu
4:32

何だか、日本ではないような雰囲気でもある。

画像ー36 158-2
画像ー36 158-2 posted by (C)mobaradesu
4:34  

もう数台の車が来ている。

画像ー36 154-2
画像ー36 154-2 posted by (C)mobaradesu
4:34

この車ガードレールには、朝露がいっぱい。

画像ー36 162
画像ー36 162 posted by (C)mobaradesu
4:37

乗って来た車の周辺はまだ仄暗い。

画像ー36 171-2
画像ー36 171-2 posted by (C)mobaradesu
4:39

よ~く目を凝らさないと見えないが、空の左右中央で、画面の上から上下1/4辺りに、‘明けの明星’が見える!

画像ー36 222-2
画像ー36 222-2 posted by (C)mobaradesu
5:00

きた、来た! ‘御来光’の寸前!

画像ー36 223-2
画像ー36 223-2 posted by (C)mobaradesu
5:01

遂に来た! 水平線からの‘頭出し日の出’。これ、正に‘御来光!’

画像ー36 226-2
画像ー36 226-2 posted by (C)mobaradesu
5:01

この画像、同じ5:01であるが、一つ手前の写真の数秒後の望遠写真。
水平線からの‘頭出し日の出’は、今まで一度も見たことは無かった!

画像ー36 230-2
画像ー36 230-2 posted by (C)mobaradesu
5:02

1分後には、太陽は体半分を出してきた。周りはみんな一挙に明るくなった。

画像ー36 241-2-1
5:04

3分後には、太陽は全て水平線から‘浮かび上がった’!

画像ー36 258-2
画像ー36 258-2 posted by (C)mobaradesu
5:09

上手い具合に、適当な雲の存在で、見事な朝焼けが見れた! これを望遠で見てみると・・・。

画像ー36 259-2-1
5:10

正に自然が産み出す‘芸術作品’!

画像ー36 278-2
画像ー36 278-2 posted by (C)mobaradesu
5:14

頭出しから13分後。真夏の朝の始まりである。

画像ー36 287-2-1
5:16

我々の車にも朝日が射した! 何だか車が生き返ったみたい。太陽の力は素晴しい!

画像ー36 295-2
画像ー36 295-2 posted by (C)mobaradesu
5:17

私の足も‘朝焼け’の光で真っ赤に染まっている。脛の黒い線は、ガードレールの陰。

画像ー36 311-2
画像ー36 311-2 posted by (C)mobaradesu
5:22

岡本太郎が生きていたなら、きっと‘芸術は爆発だ! 爆発こそ芸術だ!’と叫ぶに違いない!

画像ー36 312-2
画像ー36 312-2 posted by (C)mobaradesu
5:23

サーファーも早速お出ましだ! 海の水は案外温かい。

画像ー36 342-2
画像ー36 342-2 posted by (C)mobaradesu
5:32

海の水も生き返った! 外房の海は美しい! 「遊ぼう、外房、皆呼ぼう!」

画像ー36 349-2
画像ー36 349-2 posted by (C)mobaradesu
5:33

子供達も増えて来た。

画像ー36 350-2
画像ー36 350-2 posted by (C)mobaradesu
5:33

私の影。雲海や霧と違って影が映っているのは‘砂原’だから、‘ブロッケン現象’は、当然起こってはいない!
上手く行けば、‘波しぶき’で‘ブロッケン現象’を、と思い随分待ったが今回は難しかった。でも、強い東風が吹いて、温度と湿度の関係が上手く行けば、‘海浜でのブロッケン現象’で後光が射すことが起こり得ないとも限らない!

そうなると、‘御来光・御来迎’は、高山だけのもに非ず、となって‘一大発見’に繋がる可能性があるではないか!

気温が下がって来る今年の‘秋口’辺り、その可能性は十分にあると考えられる。

画像ー36 374-2-1
5:39

海の家は、まだまだ5時40分じゃあ、お店を開けてはいない。合宿をしていると思われる子供達がランニング。

画像ー36 379-2
画像ー36 379-2 posted by (C)mobaradesu
5;40

サーファーも気持ちよさそう。

画像ー36 400-2
画像ー36 400-2 posted by (C)mobaradesu
5:45

押し寄せる波も足元では泡となって・・・。

画像ー36 421-2-1
5:50

‘朝明けや 一直線の 靴の跡’

画像ー36 445-2
画像ー36 445-2 posted by (C)mobaradesu
5:58

合宿中の女子中学生(?)。段々海岸も人が増えて来た。

画像ー36 466-2
画像ー36 466-2 posted by (C)mobaradesu
6:07

サーファー天国のようだが、‘遊泳禁止’の旗が翻っているのに、サーフィンは禁止ではないのだろうか?

画像ー36 467-2
画像ー36 467-2 posted by (C)mobaradesu
6:07

上手く波に乗ったのは、この人だけ!

画像ー36 510-2
画像ー36 510-2 posted by (C)mobaradesu
6:23

おやおや、もうこんなに車が増えている。

画像ー36 511-2
画像ー36 511-2 posted by (C)mobaradesu
6:23

今日は日曜日。左は、宇都宮ナンバー。右は、足立ナンバー。いやいや、遠くからご苦労さん。

画像ー36 513-2
画像ー36 513-2 posted by (C)mobaradesu
6:23

左から、品川、足立、品川ナンバー。

画像ー36 520-2-1
6:30

海岸に約2時間。本日の‘御来光’は、期待以上に素晴らしかった!

まだまだ、海岸行きの車が走る。此方はこれから家でひと寝入り。朝の海岸、どうやら癖になりそう。
















スポンサーサイト



[2012/08/19 20:40] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<折り紙自動販売機 | ホーム | ‘カニ’の集団移動?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/243-e3f6635a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2