FC2ブログ
ヒルザキツキミソウ(その2)
ヒルザキツキミソウ(その2)

余り真剣には観察していないので、推察は当たらない場合が多いのだが、この「ヒルザキツキミソウ」に寄って来る昆虫も、なんだか決まっているような気がしてならない!

当然のことながら、昆虫様にも好き嫌いがあるだろうから、多分そんなことがあるのかも?とは、想像がつくのだが・・・。

たまたま偶然なのか、いつもこの昆虫なのかは、観察時間が短いので、釈然とはしないが、この日は、この昆虫しか近寄っては来なかったように思われる!

「コガネムシ」一派の昆虫だと思われるが・・・。

⑫DSC_1391-2
⑬DSC_1391-3
⑭DSC_1391-4
⑮DSC_1391-5
⑯DSC_1390-2
⑰DSC_1390-3
⑱DSC_1390-4

http://wonder-trend.com/archives/7076.html
見分け方はコレ!?

カナブンとコガネムシの違いで一番大きいのは、やはり見た目の違いです。

カナブンもコガネムシも同じ金属質の光沢をもった甲虫ですが、カナブンの色味は黄土色や赤銅色なのに対し、コガネムシは緑色の割合が強いです。

コガネムシという名前ですが、黄金色をしているのはカナブンの方なので間違えないように気を付けて下さいね。

また、カナブンとコガネムシの違いは、形にも見られます。

形が平べったく、頭部が四角っぽいのがカナブンです。

コガネムシは、全体的に丸っこい形をしており、頭部も丸い形をしています。

さらに、頭と羽の間にカナブンもコガネムシも模様があるのですが、これが三角形なのがカナブンで、丸い形をしているのがコガネムシです。

カナブンは樹液を餌にし、コガネムシは葉を餌にするので、何を食料にしているかで見分けるのも方法の一つです。

カナブンにも若干緑がかったタイプがいるので、色だけではなくこれらの要素を総合的に見分けるのがいいですね。


上の文献からすれば、画像は、「コガネムシ」ということになるのだが、これは、何というコガネムシなのだろうか?

コガネムシ、カナブン、ハナムグリ等々ネットで写真を検索してみたが、画像に似たコガネムシ?には遭遇しなかった!

こんな時、ど素人は直ぐに「新種かも?」などと言いたくなるのだが・・・。

コガネムシを Wikipedia で調べてみると、日本では役360種、世界中では、約3万種というから、ぴったり、とは行かないようだ!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%
82%B3%E3%82%AC%E3%8
3%8D%E3%83%A0%E
3%82%B7%E7%A7%91

コガネムシ科(コガネムシか、Scarabaeidae)は、コウチュウ目(鞘翅目)の分類群の一つ。カブトムシ、コガネムシ、カナブン、ハナムグリなどに加え、ダイコクコガネやマグソコガネなどの糞虫も多く含む。

概要
熱帯から亜寒帯まで、全世界に約3万種、うち日本には約360種が分布する。なお日本の360種のうち、3分の1は糞虫である。



ひょっとすると、「アシナガコガネ」かも?

newwinz_08-2.jpg
出典:https://item.rakuten.co.jp/kaiteki-e
life/4582309497478/


K0706.jpg
出典:http://www.g-sigma.co.jp/07
_beetles/hyouhon/thumbnail11.htm
(勝手に 90度右回転)

(つづく)

スポンサーサイト



[2020/06/11 09:11] | 初夏の兆し | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<不思議な花(その1) | ホーム | ヒルザキツキミソウ(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/2463-f833035c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2