FC2ブログ
中秋の名月:海岸水平線からの頭出し撮影(その2)
台風17号と18号が同時に日本列島に近付きつつある。

18号はどうやら逸れるらしいが、問題は17号である。

台風17号の針路
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1217.html

これじゃあ、9月30日の‘中秋の名月’を関東地方では、見れないに違いない。

9月30日の‘月の出’は、茂原市や白子町の海岸線では、次の時間帯になっている。
(以下の図面及び月の出等の時刻表の出典:http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10508/cgi/Srss2.php

日の出・日の入り、月の出・月の入り、9月30日ー20001-2

千葉県・茂原市&白子町での9月30日の‘月の出’時刻は、下表の通り、17:10(±2)であるが、台風17号の予想進路とガチンコしてしまう。

日の出・日の入り、月の出・月の入り、9月30日0001-2

そこで、一日前の今日(29日)と一日後の10月1日の月の出時刻を調べてみた。

日の出・日の入り、月の出・月の入り、9月29日0001-2
日の出・日の入り、月の出・月の入り、10月1日0001-2

上表の通り、千葉県・茂原市~白子町近辺の太平洋海岸での‘月の出’時刻は、

9月29日: 16:38(±2)

9月30日: 17:10(±2)

10月1日: 17:42(±2)

となっている。この表からすると、月の出時刻は、‘一日に約32分’ずつ遅れる、と言う事のようだ。勿論緯度が違う所ではそれなりに違うはずであるが、ここ千葉県・茂原市近辺では、そうなるらしい。

因みに、‘日の出’の方は‘一日に約1分’ずつ遅れることが読み取れる。と言う事は、夏至と冬至では、日の出の時刻が約180日分、つまり3時間違うという訳である。夏至で4:30だとすると、冬至では7:30頃と言う事になる。

そんな訳で、今日(2012年9月20日)、月の出の時刻16:38に合わせて外房海岸へ出かけてみた。

果たして、念願の‘水平線からの月の頭出し’が拝めるのか?

画像ー55 003-2
16:37

±2分はあるものの、1分前であるが、残念ながら水平線の頭出し方向・位置(これは上図で確かめてある)は、かなり厚い雲で覆われていて、月は見えない。ましてや、今日の‘日の入り’は、17:23(±2)だからまだ明る過ぎる。

画像ー55 007-2
16:38

西側にカメラを向けると、まだ沈んでいない‘太陽’がいる。

画像ー55 011-2
16:39

我々の影が、なが~く伸びている、ということはもう太陽様はお隠れになる寸前(と言ってもまだ40分近くあるが)であることが判る。それにしてもなかなか東側の水平線は晴れてくれない。

画像ー55 021-2
16:42

犬連れで海岸を散歩しておられる二人組が目の前を横切られているが、その向うの水平線は、却って雲の厚さが増したようにさえ感じられる。今日も無理かも?!

画像ー55 023-2
16:44

南の方面であるが、だ~あれもいない。やはりこちらも雲が厚い。

画像ー55 024-2
16:44

反対に此方は北の方面。此方も人っ子一人いない。やはり、‘トア・エ・モア’状態。

画像ー55 025-2
16:44

此方は、真東。この画面の左手のところから‘月の頭出し’が実現する。もう実現しているのだろうが、雲が邪魔をして見えないだけ!

画像ー55 032-2
16:46

西側を見ると、いつもは綺麗な夕焼けのはずだが、今日は夕焼けも綺麗にはならない!

画像ー55 035-2
16:48

10分が経過した。もう月は満丸になっている頃かもしれないが、その気配も感じられない。

画像ー55 038-2
16:49

また犬の散歩。もうこれじゃぁ、多分月の顔さえ拝めないに違いない! 明日は、台風17号。残念ながら、今回も諦めることにした。

画像ー55 043-3
16:52

カーナビまでが、さびしそうな顔をしている。

画像ー55 045-2
16:54

帰途についた道路での最初の白子町の交差点。何故かいつもここでは赤信号に引っ掛かる。

画像ー55 047-2
16:54

この辺は白子町の‘繁華街’。こんなホテルが10数軒あって、東京から大学生・高校生・中学生達が夏休みにはテニス合宿で大賑わいするらしい。今日は土曜日なので、ちらほらと学生達も歩いている。屋内コートだって何面か準備されているという。

画像ー55 048-2
16:56

もうそろそろ暗くなり始めているのに、まだまだ頑張っているようだ。

そんな訳で、今回の中秋の名月前日の‘月の水平線頭出し’を拝むことは出来なかった。明日の本チャンは勿論台風で拝めない。残るは10月1日の‘十六夜’に賭けるのみ。台風一過で望みはある!

画像ー55 049-2
20:53

21時近くになって、やっと自宅の玄関先に、一日前の‘中秋の名月’様がお出まし遊ばした。
湿度が高いと見えて、ぼんやりと霞んでいる。画面の下部に黒~く見えるのは‘杉の木’。

画像ー55 050-2
20:53

望遠で撮ってみたが、一日前とはいえ、ほぼ満月に近い!

画像ー55 053-3
20:54

露出時間の調整次第で、こんな風にも撮れる。

さあ、十六夜の月に期待して!台風17号様、どうか外房の雲を一緒に連れて行って・・・。

(つづく)





























スポンサーサイト



[2012/09/29 23:01] | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<中秋の名月:台風通過の一日始末記 | ホーム | 和歌を俳句に 俳句を和歌に‘変身’?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/285-8ed12a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2