ひこばえ(蘖/孫生え)のその後とセイタカアワダチソウ
ひこばえ(蘖/孫生え)については、弊ブログ(2012年9月20日・http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-276.html )でも紹介した。

そのブログでは、「この‘ひこばえ(蘖/孫生え)’現象を、もっと上手く活用すれば、‘同じ稲の株’から、2回の収穫が出来はしないか?」と提案していた。そして、その後の‘成長’に期待していたのだった。
9月19日に撮った写真が、以下に示す写真である。

ひこばえー1
2012年09月19日の田圃。8月の終わりに稲刈りを終えて、その後に急成長した‘ひこばえ’

ひこばえー2
もう‘実’が詰まっている。

およそ一ヶ月経過したので、これらに対応する写真を今日(2012年10月23日)撮影してきた。残念ながら、この田んぼの所有者には、‘「ひこばえで収穫をする」という意識が無い’と見えて、無残にも‘耕されて’いた。

画像ー62 018-2
残念がら、その気がないと見えて、耕運機で耕されており期待していた‘ひこばえ’の収穫は出来なくなった。

画像ー62 020-2
それでも、‘生き残った’株の部分を見てみたのが、この写真である。

画像ー62 021-2
望遠で撮ってみると・・・、

画像ー62 022-2
更に拡大して見ると、こんな風に‘稲穂’は重みを増したと見えて垂れ下がっており、十分に‘実’が詰まっているように思われる。

勿論、‘ひこばえ’になる前の第一次収穫と同じ程度とは言えまいが、9月初旬から10月下旬の約2ヶ月間で、もう一度6~7割の収穫があるように思えるのに、なぜもっと積極的に‘ひこばえ’を活用しないのであろうか?

今までやったことが無いから、が理由ならつまらない。

何も、主食の‘ご飯’用に使わなくても、せんべい用でも家畜の餌用でもいいように思うのだが・・・。

そんな訳で、残念ながら‘ひこばえ’の収穫は無理と言う結論と相成ってしまった。



さて、急に季節が‘秋’に向けてまっしぐらの様子となり、朝夕の冷え込みがきつくなって来た。もう、毛布が必要である。

散歩道には、今や盛りと‘セイタカアワダチソウ’が辺りを席巻している!

画像ー62 004-2
玄関を出て直ぐの通りのまだ建築されていない住宅地の空き地にセイタカアワダチソウが鮮やかな彩で・・・。

画像ー62 006-2
土手にも・・。

画像ー62 007-2
この川の名前は、赤目川。昔は‘赤目’がいたのだろうか?

akame1.jpg
http://www1.odn.ne.jp/~mnakamor/shimanto_river.html
この写真の赤目も‘四万十川’で捕れたものらしい。私も高知市で見たことがある。それも1mを越す堂々としたものであった。何でも、この赤目は警戒心が強くそして獰猛な魚。人間が近付くと‘身体の色’が変わる。ご参考までに・・・。

画像ー62 010-2
この散歩道の土手も、今やセイタカアワダチソウが真っ盛りで秋が深まりつつあることが判る。

画像ー62 015-2
セイタカアワダチソウは、ススキとのコラボレーションで一層美しさが増す。

画像ー62 016-2
通りに面したこの辺もセイタカアワダチソウで一杯!

画像ー62 017-2
この画像の中央・上部に見える田圃地帯が、冒頭に紹介した‘ひこばえ’が良く育っていた場所である。

画像ー62 028-2
2012年10月23日は、日本国中が‘嵐’に巻き込まれて風雨は強いし、ここ千葉県・茂原市&白子町でも先程まで雷様はゴロゴロと唸って停電にはなるしで大変だった。その雨上がりの束の間を利用して散歩をされている方達がおられる。

画像ー62 030-2
白サギも夕食の時間だと思われる。

画像ー62 034-2
ここはまた、綺麗に耕されていて、春先の田植えの時期と見紛うばかりである。今からこの田圃で何が始まるのだろうか?

画像ー62 035-2
此方の‘ひこばえ’ももう無理である。

画像ー62 044-2
この土手もセイタカアワダチソウで一杯!

画像ー62 045-2
このセイタカアワダチソウは、‘いらっしゃ~い!’と言っているようで‘お辞儀か手招き’のようにも見える。

画像ー62 047-2
此方は、上へ上へと背伸びしている。名前通りに背が高くなりたいようで・・・。

画像ー62 001-2
そんなこんなで、いつもの散歩コースを一回りしてきた。家へ帰って来て玄関先の花を見てみると、何だか花も赤みが増した感じ。

画像ー62 002-2
このベゴニアも普段より赤く見える。

画像ー62 003-2
これは元々赤いが・・。

10月もあと一週間を残すのみとなった。と言う事は今年もあと70日を切ったという事になる。

野田内閣の不手際で、日本国中が揺れている!

何も判らない‘政治屋’が、政権を取ってみて‘どうしていいのか判らなく’ただ‘ウロウロ’するばかり。
解散も仕方も判らない!厚顔無恥の典型である。

上述の通り、今年ももう本当に70日を切っている。地震・津波被災地も沖縄も泣いている!そして、交付税の支給を待つ地方もみんな泣いている!

さあ、‘月給ドロボー’と言われる前に、早く何とか手を打って!!
















スポンサーサイト
[2012/10/23 22:38] | 旅行・散策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<秋の花粉症 | ホーム | 語源探し:(その4)‘風呂’>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/312-e740f76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2